「平家物語」各場面の原文朗読・現代語訳・解説の音声ファイルを公開しています。
全て無料でダウンロード可能です。
オススメの使い方は→こちらをご参照ください。
TVバナー.jpg

2023年04月03日

学びYah!TV開局のお知らせ

学びYah!TV TOP.jpg

2022年4月3日、「学びYah!TV」が開局しました! こちらでは「平家物語」だけでなく「源氏物語」「方丈記」「徒然草」「枕草子」等々、日本の古典文学の名文名場面を取り上げて映像の形で朗読解説。月額500円で見放題のサブスクリプションの形式となっています。

https://manabiyah.mish.tv

↑にアクセスしていただき、

右上の方に青いボタン「今すぐ登録」が出るので、そこをクリック。すると「学びYah!TVとは」という画面になるので、そこで青いボタン「今すぐ3日間無料体験」を押し、アカウント登録→支払い設定と進んで登録してください。ポッドキャストとともに映像でも皆様と古典の世界を満喫したいと思っています。

*無料サンプル動画をここに掲載します。「学びYah!TV」では下記のような古典解説動画がたくさん掲載されます。1本がだいたい10分から15分ほどです。スマホなどでも視聴可能なので、毎日通勤時に1本ずつ視聴するなどの使い方がオススメです。大学の先生などのような堅苦しい解説ではなく、楽しさとわかりやすさを重視していますので、初心者の方でも安心して楽しめると思います。



是非、 https://manabiyah.mish.tv にご登録の上、生活の中に古典の教養を。

2022年5月16日現在での動画リストです。
(今後も当面月10本程のペースで追加していきます。)
1「源氏物語」薄雲〜明石の姫君が源氏に引き取られる
2「方丈記」行く川のながれ
3「竹取物語」月の都の人なり
4「土佐日記」門出
5「今物語」やさし蔵人
6「徒然草」一生のうち
7「伊勢物語」二十三段〜風吹けば沖つ白波
8「紫式部日記」五十日の祝い
9「堤中納言物語」はいずみ〜白粉と墨を間違える
10「蜻蛉日記」町の小路の女〜歎きつつひとり寝る夜
11「枕草子」二月つごもりのころに
12「大鏡」三船の才
13「平家物語」忠度都落
14「西行物語」出家を決意し娘を蹴落とす
15「おくのほそ道」遊女もねたり萩と月
16「雨月物語」浅茅が宿
17「成尋阿闍梨母集」淀みなく涙の川は
18「とはずがたり」後深草院の棺を追う二条
19「大和物語」をばすて山
20「讃岐典侍日記」鳥羽天皇への初出仕
21「平家物語」先帝身投
22「和泉式部日記」敦道親王と初めて語り合う
23「一休ばなし」御用心と言って髑髏を差し出す
24「古今和歌集仮名序」やまとうたは
25「源氏物語」御法〜紫の上が亡くなる
26「徒然草」春の気色-現代人が古典を鑑賞する意義とは
27「伊勢物語」八十二段〜世の中にたえて桜のなかりせば
28「大鏡」大宅世継と夏山繁樹の対面

「平家物語」先帝身投を特別無料公開します。

「徒然草」春の気色-現代人が古典を鑑賞する意義とは、を無料公開します。
posted by manabiyah at 00:00| ガイド | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年05月12日

「新・平家物語」第375回「やしまの巻(船のない漁夫)」義経は摂津で田辺の動向を伺う


↑吉川英治「新・平家物語」の朗読・解説の音声ファイルです。
再生ボタンをクリックして聴くことができます。(各回10分程度)
右端のDLボタンからダウンロードしてiPodなどに入れて、
繰り返し聴くこともできます。

・義経は淀の川尻、摂津の渡辺にいた。
・屋島攻めのための準備を進めてたが船の不足に困っていた。
・梶原景時が漁夫の小舟に至るまで徴発し去っていたことの影響は大きい。
・鎌倉から梶原の持つ船をこちらに回すように指示があったが気配はない。
・梶原は頼朝から義経軍と合流し軍鑑を務めるようにも指示されていた。

【語注】
焦眉(しょうび)の急=状況が切迫していること
舳艫(じくろ)=船首と船尾
馬首(ばしゅ)=馬の首、馬の向かう方向

「新・平家物語連続講義」これまでの放送分です→「新・平家物語連続講義放送リスト」

TVバナー.jpg



*この講座の朗読部分に使用する原文は、講談社発行の「吉川英治歴史時代文庫」に収録されているものを使用しています。




なお「新・平家物語」は電子書籍でも購入ができます。iPadやkindleを使っている方は、こちらもオススメ。





格安です。







これまで放送した古典「平家物語」の連続講義の音声ファイルのリストです。

↓全200回分を無料で聴くことができます。
「平家物語連続講義放送リスト」

   

posted by manabiyah at 23:56| Comment(0) | 新平家物語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年05月08日

みんなで読む源氏物語・百人一首・平家物語(好評につき講座継続します)

genji100heike-reef_edited-2web.jpg
NPO法人pipes of pieceは、これまでラジオ番組「学びYah!」を制作し、古典文学の名文名場面の原文での朗読、現代語訳、解説をお送りして来ました。2015年からは、地域や人と接しつつ、日本古典文学の名作を皆様と共に味わいながら、次世代へと継承していくことを願い、各地域においての講座を実施しております。

2022年も引き続き「源氏物語・百人一首・平家物語」を、浅見先生による楽しくわかりやすい解説と朗読を通じて、みなさんといっしょに鑑賞します。

■予定カリキュラム

第32回 鎌倉殿の名場面「平治物語」「平家物語」が語る源頼朝その2(5月8日 10:00-11:50)



TVバナー.jpg

〈これまでの内容〉
第1回 「源氏物語」の名場面(2月19日 10:00-11:50 )
第2回 「百人一首」の恋歌(3月19日 10:00-11:50)
第3回 「平家物語」女たちの生き様1(4月23日 10:00-11:50)

第4回 「平家物語」女たちの生き様2(5月21日10:00-11:50)
第5回 「源氏物語」宇治十帖を読む(9月10日 10:00-11:45 )
第6回 「百人一首」めぐる季節と世の中(10月8日 10:00-11:45)
第7回 「平家物語」松尾芭蕉が探した源平の物語(11月12日 10:00-11:45)
第8回 「平家物語」歌人としての平家公達(1月21日 10:00-12:30)
第9回 「源氏物語」夕顔巻を読み直す(2月18日 10:00-11:45)
第10回「百人一首」名歌に隠された物語を読む(4月8日 10:00-11:45)
第11回「百人一首」名歌に隠された物語を読むその2(5月13日 10:00-11:45)
第12回「源氏物語」葵巻を読む(6月17日 10:00-11:45)
第13回「平家物語」鬼界ヶ島〜流人たちの物語(9月16日 10:00-11:45)
第14回 「百人一首」名歌に隠された物語を読むその3(10月14日 10:00-11:50)
第15回 「平家物語」末代の賢王高倉天皇(11月18日 10:00-11:50)
第16回 「源氏物語」心で読む「源氏物語」の世界(12月16日 10:00-11:50)
第17回 「百人一首」名歌に隠された物語を読むその4(2月17日 10:00-11:50)
第18回「平家物語」源頼政 埋れ木の花咲くのことも(3月17日 10:00-11:50)
第19回「源氏物語」冷泉帝 もう一人の光る君(4月21日 10:00-11:50)
第20回「百人一首」名歌に隠された物語を読むその5(5月19日 10:00-11:50)
第21回「平家物語」音楽を愛した平家公達〜平経正と平敦盛(6月23日 10:00-11:50)
第22回「源氏物語」野分〜しづ心なく花の咲く(9月15日 10:00-11:50)
第23回「紫式部日記」と「紫式部集」から読み解く紫式部の人間像(10月20日 10:00-11:50)
第24回「平家物語」平家一門の光源氏〜平維盛(11月24日 10:00-11:50)
第25回 平安時代のロミオとジュリエット〜「源氏物語」乙女・「平家物語」横笛(1月19日 10:00-11:50)
第26回 「百人一首」名歌に隠された物語を読むその7〜「忘れじの行く末までの物語」儀同三司母
第27回 「平家物語」〜私の愛した木曾義仲(3月15日 10:00-11:50)
第28回 古典文学の中の石山寺を旅する(11月29日 10:00-11:50)
第29回 「百人一首」の恋歌その2(9月5日 10:00-11:50)
第30回 「平家物語」平重衡と女たちの物語(12月12日 10:00-11:50)
第31回 鎌倉殿の名場面「平治物語」「平家物語」が語る源頼朝(1月30日 10:00-11:50)

■会場 上石神井体育館会議室(西武新宿線上石神井駅から徒歩5分ほど)

■講師 浅見太郎(NPO法人 pipes of piece理事長、すまいるFM76.7MHz「学びYah!」パーソナリティ)

■定員 30名(応募多数の場合は抽選)

■参加費 無料

■対象 16歳以上

■お申し込み
下記申し込み先に「講座参加希望」と明記し、お申込み下さい。 お申込みに際しては氏名(年齢性別など書ける範囲でお知らせください)と、返信用のメールアドレスを明記してください。


■メール manabiyah@bit.isao.net

■受付期間 随時

posted by manabiyah at 08:31| イベント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年05月05日

「新・平家物語」第374回「やしまの巻(歓喜天)」湛増はようやく自分の真意を弁慶に明かす


↑吉川英治「新・平家物語」の朗読・解説の音声ファイルです。
再生ボタンをクリックして聴くことができます。(各回10分程度)
右端のDLボタンからダウンロードしてiPodなどに入れて、
繰り返し聴くこともできます。

・弁慶は湛増と約束した丑の下刻になるまで園内の木の下であぐらを組んで待つ。
・待ちながら弁慶は自分が湛増に欺かれているのではないかと疑い始める。
・歓喜天堂の中で敵に取り囲まれたらという心配を始めた弁慶。
・その時は歓喜天堂を出て、館じゅうを暴れ回ってやればいいと覚悟を決める。
・約束の時刻となって、弁慶は歓喜天堂の中へと入っていく。

【語注】
咫尺(しせき)=距離が極めて近いこと

「新・平家物語連続講義」これまでの放送分です→「新・平家物語連続講義放送リスト」

TVバナー.jpg



*この講座の朗読部分に使用する原文は、講談社発行の「吉川英治歴史時代文庫」に収録されているものを使用しています。




なお「新・平家物語」は電子書籍でも購入ができます。iPadやkindleを使っている方は、こちらもオススメ。





格安です。







これまで放送した古典「平家物語」の連続講義の音声ファイルのリストです。

↓全200回分を無料で聴くことができます。
「平家物語連続講義放送リスト」

   

posted by manabiyah at 23:00| 新平家物語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年04月28日

「新・平家物語」第373回「やしまの巻(肉迫)」さくらの局が朱鼻とともに屋島に渡った後、弁慶は湛増に対面しようとする


↑吉川英治「新・平家物語」の朗読・解説の音声ファイルです。
再生ボタンをクリックして聴くことができます。(各回10分程度)
右端のDLボタンからダウンロードしてiPodなどに入れて、
繰り返し聴くこともできます。

・行家は逃げ去るように田辺から去る。
・湛増は朱鼻やさくらの局とその様子を見て大笑いする。
・行家をうまくたばかったことに皆満足していた。
・朱鼻は湛増の腹の底まですっぱり見届けたと述べる。
・屋島への返事も上々の首尾と満悦している朱鼻。

【語注】
斟酌(しんしゃく)=相手の立場や心情をくみとること
手燭(てしょく)=持ち歩きに便利なように柄をつけた燭台
紙燭(しそく)=持つ部分には紙を巻いた照明具
推参者(すいさんしゃ)=招かれていないのに訪問してきた者
音声(おんじょう)=人の発する声

「新・平家物語連続講義」これまでの放送分です→「新・平家物語連続講義放送リスト」

TVバナー.jpg



*この講座の朗読部分に使用する原文は、講談社発行の「吉川英治歴史時代文庫」に収録されているものを使用しています。




なお「新・平家物語」は電子書籍でも購入ができます。iPadやkindleを使っている方は、こちらもオススメ。





格安です。







これまで放送した古典「平家物語」の連続講義の音声ファイルのリストです。

↓全200回分を無料で聴くことができます。
「平家物語連続講義放送リスト」

   

posted by manabiyah at 23:44| 新平家物語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年04月21日

「新・平家物語」第372回「やしまの巻( 呉越の会)」闘鶏で敗れた源氏側の立場である行家は、迷いながらも宴の席に出る


↑吉川英治「新・平家物語」の朗読・解説の音声ファイルです。
再生ボタンをクリックして聴くことができます。(各回10分程度)
右端のDLボタンからダウンロードしてiPodなどに入れて、
繰り返し聴くこともできます。

・闘鶏は紅の勝利となり田辺は平家に味方することが決まる。
・その夜別当館の内で宴が催された。
・闘鶏で敗れた源氏側の立場である行家は、迷いながらもこの席に出ることを決意。
・さくらの局や朱鼻は勝者のおごりで行家を見ていた。
・湛増のいたわりも行家のみじめさをひきたてるばかりになった。

【語注】
面皮(めんぴ)=つらの皮
伏勢(ふくぜい)=待ち伏せてあらかじめ潜ませておく軍勢
不案内(ぶあんない)=勝手がわからない
睨(ね)めつけて=にらみつけて
奔馬(ほんば)=勢いよく走る馬

「新・平家物語連続講義」これまでの放送分です→「新・平家物語連続講義放送リスト」

TVバナー.jpg



*この講座の朗読部分に使用する原文は、講談社発行の「吉川英治歴史時代文庫」に収録されているものを使用しています。




なお「新・平家物語」は電子書籍でも購入ができます。iPadやkindleを使っている方は、こちらもオススメ。





格安です。







これまで放送した古典「平家物語」の連続講義の音声ファイルのリストです。

↓全200回分を無料で聴くことができます。
「平家物語連続講義放送リスト」

   

posted by manabiyah at 23:00| 新平家物語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年04月14日

「新・平家物語」第371回「やしまの巻( 策と策)」湛増の行なった神占の闘鶏がまさかの結末に


↑吉川英治「新・平家物語」の朗読・解説の音声ファイルです。
再生ボタンをクリックして聴くことができます。(各回10分程度)
右端のDLボタンからダウンロードしてiPodなどに入れて、
繰り返し聴くこともできます。

・熊野の三所権現にはおびただしい人波があった。
・鶏合わせによる神問いが別当湛増から告げられたことによる。
・「神意の決定に依存不平あるまじきこと」という建札。
・到着した行家は東側の幄舎に導かれた。
・東を源氏方、西を平家方と分けて白い幕、紅い幕が張られていた。

【語注】
盤広(ばんびろ)=幅広で大きい
扈従(こじゅう)=付き従う
愍殺(びんさつ)=あわれみつつ無視すること
屯(たむろ)=人の集まるところ

「新・平家物語連続講義」これまでの放送分です→「新・平家物語連続講義放送リスト」

TVバナー.jpg



*この講座の朗読部分に使用する原文は、講談社発行の「吉川英治歴史時代文庫」に収録されているものを使用しています。




なお「新・平家物語」は電子書籍でも購入ができます。iPadやkindleを使っている方は、こちらもオススメ。





格安です。







これまで放送した古典「平家物語」の連続講義の音声ファイルのリストです。

↓全200回分を無料で聴くことができます。
「平家物語連続講義放送リスト」

   

posted by manabiyah at 23:00| 新平家物語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
TVバナー.jpg