「平家物語」各場面の原文朗読・現代語訳・解説の音声ファイルを公開しています。
全て無料でダウンロード可能です。
オススメの使い方は→こちらをご参照ください。

2019年01月18日

「新・平家物語」第209回「三界の巻(「玉葉」筆者)(右京大夫がよい)」平資盛は高倉上皇の喪中でありながら恋人である右京大夫と密会


↑吉川英治「新・平家物語」の朗読・解説の音声ファイルです。再生ボタンをクリックして聴くことができます。(各回10分程度)
右端のDLボタンからダウンロードしてiPodなどに入れて、
繰り返し聴くこともできます。

・右大臣九条兼実の通り名を月輪殿と言った。
・兼実は「玉葉」という日記の筆者としても有名な人物。
・月輪殿は日課としているお灸による灸治をしてた。
・月輪殿が灸の熱さのあまりに叫び声をあげていた。
・灸法師は慌ててもぐさをもみ消しながら粗相をわびる。

【語注】
後朝(きぬぎぬ)=男女が共寝をして過ごした翌朝
丁々(ちょうちょう)=物を続けて強く打つ音
おばしま=手すり
蟄居(ちっきょ)=家の中にひきこもっていること

「新・平家物語連続講義」これまでの放送分です→「新・平家物語連続講義放送リスト」

*この講座の朗読部分に使用する原文は、講談社発行の「吉川英治歴史時代文庫」に収録されているものを使用しています。



なお「新・平家物語」は電子書籍でも購入ができます。iPadやkindleを使っている方は、こちらもオススメ。


格安です。




これまで放送した古典「平家物語」の連続講義の音声ファイルのリストです。
↓全200回分を無料で聴くことができます。
「平家物語連続講義放送リスト」




posted by manabiyah at 08:51| 新平家物語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年01月11日

「新・平家物語」第208回「三界の巻(異聞頻々)」火事騒ぎの中、義仲のもとに清盛死去のうわさが伝わる


↑吉川英治「新・平家物語」の朗読・解説の音声ファイルです。再生ボタンをクリックして聴くことができます。(各回10分程度)
右端のDLボタンからダウンロードしてiPodなどに入れて、
繰り返し聴くこともできます。

・義仲が寝所に入ると間もなく「火事」という大声が聞こえた。
・血相を変えた別当範覚は義仲の姿を伺う。
・義仲の姿は見えず、また巴の姿もそこにはない。
・炎と煙りから葵をたすけて範覚は、僧院の外へと駆け出た。
・義仲をつかみ起こしてわが背に背負って逃れていったのは巴。

【語注】
酔眼(すいがん)=酒に酔ったときの目
暁天(ぎょうてん)=明け方の空
盲動(もうどう)=考えもない行動

「新・平家物語連続講義」これまでの放送分です→「新・平家物語連続講義放送リスト」

*この講座の朗読部分に使用する原文は、講談社発行の「吉川英治歴史時代文庫」に収録されているものを使用しています。



なお「新・平家物語」は電子書籍でも購入ができます。iPadやkindleを使っている方は、こちらもオススメ。


格安です。




これまで放送した古典「平家物語」の連続講義の音声ファイルのリストです。
↓全200回分を無料で聴くことができます。
「平家物語連続講義放送リスト」





posted by manabiyah at 06:42| 新平家物語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年12月21日

年末年始の放送

12月27日と1月3日の放送は、冬休み特別企画として「新・平家物語連続講義」名場面をお送りします。通常の放送はお休みです。
posted by manabiyah at 07:52| ガイド | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「新・平家物語」第207回「三界の巻(木曾殿稼ぎ)」義仲と越後の国府城ノ太郎資長の戦いが始まろうとしている


↑吉川英治「新・平家物語」の朗読・解説の音声ファイルです。再生ボタンをクリックして聴くことができます。(各回10分程度)
右端のDLボタンからダウンロードしてiPodなどに入れて、
繰り返し聴くこともできます。

・心の底で巴と葵は斬りむすぶ刃交ぜのように闘っていた。
・巴は木曾の女を二百人ほど依田城に呼びたいと願い義仲は許す。
・越後の国府城ノ太郎資長から「義仲を討て」という令が出る。
・義仲は依田城を出て、諏訪、塩尻などで戦い勝ちを重ねていく。
・城ノ太郎資長の国府軍よりも先に村を行き義仲の勢力は拡大してい。

【語注】
酒狂(しゅきょう)=酒に酔って狂うこと
大盤石(だいばんじゃく)=とても大きな岩

「新・平家物語連続講義」これまでの放送分です→「新・平家物語連続講義放送リスト」

*この講座の朗読部分に使用する原文は、講談社発行の「吉川英治歴史時代文庫」に収録されているものを使用しています。



なお「新・平家物語」は電子書籍でも購入ができます。iPadやkindleを使っている方は、こちらもオススメ。


格安です。




これまで放送した古典「平家物語」の連続講義の音声ファイルのリストです。
↓全200回分を無料で聴くことができます。
「平家物語連続講義放送リスト」





posted by manabiyah at 07:50| 新平家物語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年12月14日

「新・平家物語」第206回「三界の巻(巴と葵)」義仲を巡って、巴と葵が張り合う


↑吉川英治「新・平家物語」の朗読・解説の音声ファイルです。再生ボタンをクリックして聴くことができます。(各回10分程度)
右端のDLボタンからダウンロードしてiPodなどに入れて、
繰り返し聴くこともできます。

・兼遠の出家に伴い義仲は数日間の館を離れられない。
・義仲は葵とも語る暇もなく過ごしていた。
・一段落の後、義仲は葵と二人で夜を過ごそうと考える。
・義仲に、巴から「夕げをともにしたい」という手紙が届く。
・そのための迎えとして爺やの蔵人が遣わされていた。

【語注】
飛牒(ひちょう)=牒状を送って通知すること
袂別(べいべつ)=たもとをわかつこと

「新・平家物語連続講義」これまでの放送分です→「新・平家物語連続講義放送リスト」

*この講座の朗読部分に使用する原文は、講談社発行の「吉川英治歴史時代文庫」に収録されているものを使用しています。



なお「新・平家物語」は電子書籍でも購入ができます。iPadやkindleを使っている方は、こちらもオススメ。


格安です。




これまで放送した古典「平家物語」の連続講義の音声ファイルのリストです。
↓全200回分を無料で聴くことができます。
「平家物語連続講義放送リスト」




posted by manabiyah at 08:44| 新平家物語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年12月07日

「新・平家物語」第205回「三界の巻(岩茸と運は危ない所にある)(権守返上)」中原兼遠は都に呼び出されて義仲の首をさしだすように言われる


↑吉川英治「新・平家物語」の朗読・解説の音声ファイルです。再生ボタンをクリックして聴くことができます。(各回10分程度)

右端のDLボタンからダウンロードしてiPodなどに入れて、
繰り返し聴くこともできます。

・元服後の義仲は都を訪れたこともあったと思われる。
・義仲は中原兼遠のむすめ巴との間に子をもうける。
・義仲夫妻は宮ノ原に移り、一居館をかまえる。
・義仲らは平家打倒へ準備も進めていたと思われる。
・その頃、以仁王の令旨を携えた新宮十郎行家が木曾を訪れた。

【語注】
杞憂(きゆう)=取り越し苦労
起請(きしょう)=神仏に誓うこと
向背(こうはい)=物事のなりゆき

「新・平家物語連続講義」これまでの放送分です→「新・平家物語連続講義放送リスト」

*この講座の朗読部分に使用する原文は、講談社発行の「吉川英治歴史時代文庫」に収録されているものを使用しています。



なお「新・平家物語」は電子書籍でも購入ができます。iPadやkindleを使っている方は、こちらもオススメ。


格安です。




これまで放送した古典「平家物語」の連続講義の音声ファイルのリストです。
↓全200回分を無料で聴くことができます。
「平家物語連続講義放送リスト」





posted by manabiyah at 07:33| 新平家物語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年11月30日

「新・平家物語」第204回「三界の巻(大地の乳)(大夫坊牛鞋録)」幼少の頃、父を亡くした義仲は中原兼遠に預けられた


↑吉川英治「新・平家物語」の朗読・解説の音声ファイルです。再生ボタンをクリックして聴くことができます。(各回10分程度)
右端のDLボタンからダウンロードしてiPodなどに入れて、
繰り返し聴くこともできます。

・久寿二年、東国武蔵野の一角で源氏の同族争いが起こっていた。
・鎌倉にいた源義朝は、弟の帯刀先生義賢に兵をさしむけた。
・義朝の奇襲によって義仲の父である義賢は討ち死に。
・義朝は義賢の遺児である駒王丸を探し出して命を絶つように命ずる。
・義仲の母小枝は畠山庄司重能の門を頼る。
・畠山は小枝と駒王丸を、おなじ武蔵の長井ノ庄にいた斎藤別当実盛に託す。

【語注】
御辺(ごへん)=あなた
窮鳥(きゅうちょう)=追いつめられて逃げ場を失った鳥
椿事(ちんじ)=思いがけない重大な出来事
逗留(とうりゅう)=一定期間とどまること

「新・平家物語連続講義」これまでの放送分です→「新・平家物語連続講義放送リスト」

*この講座の朗読部分に使用する原文は、講談社発行の「吉川英治歴史時代文庫」に収録されているものを使用しています。



なお「新・平家物語」は電子書籍でも購入ができます。iPadやkindleを使っている方は、こちらもオススメ。


格安です。




これまで放送した古典「平家物語」の連続講義の音声ファイルのリストです。
↓全200回分を無料で聴くことができます。
「平家物語連続講義放送リスト」





posted by manabiyah at 08:07| 新平家物語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする