「平家物語」各場面の原文朗読・現代語訳・解説の音声ファイルを公開しています。
全て無料でダウンロード可能です。
オススメの使い方は→こちらをご参照ください。

2020年11月29日

みんなで読む源氏物語・百人一首・平家物語(好評につき講座継続します)

genji100heike-reef_edited-2web.jpg
NPO法人pipes of pieceは、これまでラジオ番組「学びYah!」を制作し、古典文学の名文名場面の原文での朗読、現代語訳、解説をお送りして来ました。2015年からは、地域や人と接しつつ、日本古典文学の名作を皆様と共に味わいながら、次世代へと継承していくことを願い、各地域においての講座を実施しております。

2020年も引き続き「源氏物語・百人一首・平家物語」を、浅見先生による楽しくわかりやすい解説と朗読を通じて、みなさんといっしょに鑑賞します。

■予定カリキュラム

第28回 古典文学の中の石山寺を旅する(11月29日 10:00-11:50)



〈これまでの内容〉
第1回 「源氏物語」の名場面(2月19日 10:00-11:50 )
第2回 「百人一首」の恋歌(3月19日 10:00-11:50)
第3回 「平家物語」女たちの生き様1(4月23日 10:00-11:50)

第4回 「平家物語」女たちの生き様2(5月21日10:00-11:50)
第5回 「源氏物語」宇治十帖を読む(9月10日 10:00-11:45 )
第6回 「百人一首」めぐる季節と世の中(10月8日 10:00-11:45)
第7回 「平家物語」松尾芭蕉が探した源平の物語(11月12日 10:00-11:45)
第8回 「平家物語」歌人としての平家公達(1月21日 10:00-12:30)
第9回 「源氏物語」夕顔巻を読み直す(2月18日 10:00-11:45)
第10回「百人一首」名歌に隠された物語を読む(4月8日 10:00-11:45)
第11回「百人一首」名歌に隠された物語を読むその2(5月13日 10:00-11:45)
第12回「源氏物語」葵巻を読む(6月17日 10:00-11:45)
第13回「平家物語」鬼界ヶ島〜流人たちの物語(9月16日 10:00-11:45)
第14回 「百人一首」名歌に隠された物語を読むその3(10月14日 10:00-11:50)
第15回 「平家物語」末代の賢王高倉天皇(11月18日 10:00-11:50)
第16回 「源氏物語」心で読む「源氏物語」の世界(12月16日 10:00-11:50)
第17回 「百人一首」名歌に隠された物語を読むその4(2月17日 10:00-11:50)
第18回「平家物語」源頼政 埋れ木の花咲くのことも(3月17日 10:00-11:50)
第19回「源氏物語」冷泉帝 もう一人の光る君(4月21日 10:00-11:50)
第20回「百人一首」名歌に隠された物語を読むその5(5月19日 10:00-11:50)
第21回「平家物語」音楽を愛した平家公達〜平経正と平敦盛(6月23日 10:00-11:50)
第22回「源氏物語」野分〜しづ心なく花の咲く(9月15日 10:00-11:50)
第23回「紫式部日記」と「紫式部集」から読み解く紫式部の人間像(10月20日 10:00-11:50)
第24回「平家物語」平家一門の光源氏〜平維盛(11月24日 10:00-11:50)
第25回 平安時代のロミオとジュリエット〜「源氏物語」乙女・「平家物語」横笛(1月19日 10:00-11:50)
第26回 「百人一首」名歌に隠された物語を読むその7〜「忘れじの行く末までの物語」儀同三司母
第27回 「平家物語」〜私の愛した木曾義仲(3月15日 10:00-11:50)
■会場 上石神井体育館会議室(西武新宿線上石神井駅から徒歩5分ほど)

■講師 浅見太郎(NPO法人 pipes of piece理事長、すまいるFM76.7MHz「学びYah!」パーソナリティ)

■定員 30名(応募多数の場合は抽選)

■参加費 無料

■対象 16歳以上

■お申し込み
下記申し込み先に「講座参加希望」と明記し、お申込み下さい。 お申込みに際しては氏名(年齢性別など書ける範囲でお知らせください)と、返信用のメールアドレスを明記してください。


■メール manabiyah@bit.isao.net

■受付期間 随時

posted by manabiyah at 08:31| イベント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年11月26日

「新・平家物語」第305回「京乃木曾殿の巻(陣医拝諾・じんいはいだく)」義経は麻鳥に陣医を依頼する


↑吉川英治「新・平家物語」の朗読・解説の音声ファイルです。
再生ボタンをクリックして聴くことができます。(各回10分程度)
右端のDLボタンからダウンロードしてiPodなどに入れて、
繰り返し聴くこともできます。

・母の死を伝えられた義経は、何かの間違いと思いたい心境でいた。
・望みが絶え、張り合いが失せるような状況。
・それでも冷静に判断しようと努める義経。
・義経は涙をぬぐおうともせず涙に顔を任せている。

【語注】
非業(ひごう)の御最期=寿命の終わらないうちに最期を迎えること

「新・平家物語連続講義」これまでの放送分です→「新・平家物語連続講義放送リスト」

*この講座の朗読部分に使用する原文は、講談社発行の「吉川英治歴史時代文庫」に収録されているものを使用しています。



なお「新・平家物語」は電子書籍でも購入ができます。iPadやkindleを使っている方は、こちらもオススメ。


格安です。



これまで放送した古典「平家物語」の連続講義の音声ファイルのリストです。
↓全200回分を無料で聴くことができます。
「平家物語連続講義放送リスト」

   

posted by manabiyah at 23:00| 新平家物語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年11月19日

「新・平家物語」第304回「京乃木曾殿の巻(常盤の果て)」義経は麻鳥から母常磐の死を聞かされる


↑吉川英治「新・平家物語」の朗読・解説の音声ファイルです。
再生ボタンをクリックして聴くことができます。(各回10分程度)
右端のDLボタンからダウンロードしてiPodなどに入れて、
繰り返し聴くこともできます。

・義経の訪れを知って麻鳥と蓬は小屋の外に出て地へぬかづく。
・那須大八郎が柴を持ってきて置き義経はそこに腰を下ろす。
・母常盤の消息について、義経は尋ねる。
・麻鳥は何も答えず、蓬は泣いてばかりいる。
・孤児たちに、あっちへ行って遊ぶように言ってから語り出す麻鳥。

【語注】
物情騒然(ぶつじょうそうぜん)=世の中が落ち着かず騒がしいさま
榾火(ほだび)=たき火
杳(よう)として=事情などがはっきりしないさま

「新・平家物語連続講義」これまでの放送分です→「新・平家物語連続講義放送リスト」

*この講座の朗読部分に使用する原文は、講談社発行の「吉川英治歴史時代文庫」に収録されているものを使用しています。



なお「新・平家物語」は電子書籍でも購入ができます。iPadやkindleを使っている方は、こちらもオススメ。


格安です。



これまで放送した古典「平家物語」の連続講義の音声ファイルのリストです。
↓全200回分を無料で聴くことができます。
「平家物語連続講義放送リスト」

   

posted by manabiyah at 23:00| 新平家物語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年11月12日

「新・平家物語」第303回「京乃木曾殿の巻(忘れえぬ人びと)」麻鳥は十年ぶりに義経と再会を果たす


↑吉川英治「新・平家物語」の朗読・解説の音声ファイルです。
再生ボタンをクリックして聴くことができます。(各回10分程度)
右端のDLボタンからダウンロードしてiPodなどに入れて、
繰り返し聴くこともできます。

・再三自分を訪れてきた吉次と義経は対面。
・吉次は義経の姿を見ると、宇治川での勝利を祝う。
・世間話や昔話なら、またの機会にして欲しいと言う義経。
・みちのくの黄金などを義経に献上したいとの旨を述べる吉次。

【語注】
鵺(ぬえ)=正体のはっきりしない人物
竹縁(たけえん)=竹材を並べて張った縁台・縁側


「新・平家物語連続講義」これまでの放送分です→「新・平家物語連続講義放送リスト」

*この講座の朗読部分に使用する原文は、講談社発行の「吉川英治歴史時代文庫」に収録されているものを使用しています。



なお「新・平家物語」は電子書籍でも購入ができます。iPadやkindleを使っている方は、こちらもオススメ。


格安です。



これまで放送した古典「平家物語」の連続講義の音声ファイルのリストです。
↓全200回分を無料で聴くことができます。
「平家物語連続講義放送リスト」

   

posted by manabiyah at 23:00| 新平家物語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年11月05日

「新・平家物語」第302回「京乃木曾殿の巻(熊谷直実とその子)」怪我をした我が子をいたわる熊谷次郎直実の親心に義経は心を打たれる


↑吉川英治「新・平家物語」の朗読・解説の音声ファイルです。
再生ボタンをクリックして聴くことができます。(各回10分程度)
右端のDLボタンからダウンロードしてiPodなどに入れて、
繰り返し聴くこともできます。

・吉次は義経に会いたいなら大覚寺の山門の外で待つように言う。
・蓬は小さい包みを抱いて大覚寺の山門の外で吉次を待つ。
・蓬は夫同様自分も今回の義経との対面は遠慮したいと述べる。
・蓬は「蓬の餅を九郎の君に差し上げて欲しい」と吉次に託す。
・吉次はそれを受け取り、彼女を残して立ち去る。

【語注】
紅燈(こうとう)=繁華街の夜の明かり
堂宇(どうう)=四方に張り出した屋根をもつ建物
塗布(とふ)=塗り付けること

「新・平家物語連続講義」これまでの放送分です→「新・平家物語連続講義放送リスト」

*この講座の朗読部分に使用する原文は、講談社発行の「吉川英治歴史時代文庫」に収録されているものを使用しています。



なお「新・平家物語」は電子書籍でも購入ができます。iPadやkindleを使っている方は、こちらもオススメ。


格安です。



これまで放送した古典「平家物語」の連続講義の音声ファイルのリストです。
↓全200回分を無料で聴くことができます。
「平家物語連続講義放送リスト」

   

posted by manabiyah at 23:00| 新平家物語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年10月29日

「新・平家物語」第301回「京乃木曾殿の巻(不気味な客人)」麻鳥夫妻の前に金売り吉次が姿を現す


↑吉川英治「新・平家物語」の朗読・解説の音声ファイルです。
再生ボタンをクリックして聴くことができます。(各回10分程度)
右端のDLボタンからダウンロードしてiPodなどに入れて、
繰り返し聴くこともできます。

・麻鳥が子どもらと暮らす小屋は、大覚寺の領内にあった。
・その大覚寺は嵯峨天皇の時代に開かれ、格も高かった。
・麻鳥は知り合いの伝手で小屋を設けることを許されていた。
・坊官の円乗は、即刻小屋を取り払って立ち退けという。

【語注】
不興(ふきょう)=機嫌が悪いこと

「新・平家物語連続講義」これまでの放送分です→「新・平家物語連続講義放送リスト」

*この講座の朗読部分に使用する原文は、講談社発行の「吉川英治歴史時代文庫」に収録されているものを使用しています。



なお「新・平家物語」は電子書籍でも購入ができます。iPadやkindleを使っている方は、こちらもオススメ。


格安です。



これまで放送した古典「平家物語」の連続講義の音声ファイルのリストです。
↓全200回分を無料で聴くことができます。
「平家物語連続講義放送リスト」

   

posted by manabiyah at 23:00| 新平家物語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年10月22日

「新・平家物語」第300回「京乃木曾殿の巻(寿永の落とし子)」阿部麻鳥は身寄りのない子らを集めてその世話をする


↑吉川英治「新・平家物語」の朗読・解説の音声ファイルです。
再生ボタンをクリックして聴くことができます。(各回10分程度)
右端のDLボタンからダウンロードしてiPodなどに入れて、
繰り返し聴くこともできます。

・東嵯峨の広沢の池では子供たちの歌う声が響いていた。
・歌声こそ子供だが歌の内容は子供らしくないものだった。
・三、四十人もの子供らは自然薯のようなものをボリボリ噛んでいた。
・子どもらの前に一人の女が現れて彼らを叱った。
・それは阿部麻鳥の妻である蓬だった。

【語注】
猥歌(わいか)=卑猥な歌

「新・平家物語連続講義」これまでの放送分です→「新・平家物語連続講義放送リスト」

*この講座の朗読部分に使用する原文は、講談社発行の「吉川英治歴史時代文庫」に収録されているものを使用しています。



なお「新・平家物語」は電子書籍でも購入ができます。iPadやkindleを使っている方は、こちらもオススメ。


格安です。



これまで放送した古典「平家物語」の連続講義の音声ファイルのリストです。
↓全200回分を無料で聴くことができます。
「平家物語連続講義放送リスト」

   

posted by manabiyah at 23:00| 新平家物語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする