「平家物語」各場面の原文朗読・現代語訳・解説の音声ファイルを公開しています。
全て無料でダウンロード可能です。
オススメの使い方は→こちらをご参照ください。

2017年09月10日

みんなで読む源氏物語・百人一首・平家物語(好評につき講座継続します)

genji100heike-reef_edited-2web.jpg
NPO法人pipes of pieceは、これまでラジオ番組「学びYah!」を制作し、古典文学の名文名場面の原文での朗読、現代語訳、解説をお送りして来ました。2015年からは、地域や人と接しつつ、日本古典文学の名作を皆様と共に味わいながら、次世代へと継承していくことを願い、各地域においての講座を実施しております。

2017年は「源氏物語・百人一首・平家物語」を、浅見先生による楽しくわかりやすい解説と朗読を通じて、みなさんといっしょに鑑賞します。

■予定カリキュラム

第1回 「源氏物語」の名場面(2月19日 10:00-11:50 )

第2回 「百人一首」の恋歌(3月19日 10:00-11:50)
第3回 「平家物語」女たちの生き様1(4月23日 10:00-11:50)

第4回 「平家物語」女たちの生き様2(5月21日10:00-11:50)
第5回 「源氏物語」宇治十帖を読む(9月10日 10:00-11:45 )
第6回 「百人一首」めぐる季節と世の中(10月開催予定)
第7回 「平家物語」松尾芭蕉が探した源平の物語(11月開催予定)

■会場 上石神井体育館会議室(西武新宿線上石神井駅から徒歩5分ほど)

■講師 浅見太郎(NPO法人 pipes of piece理事長、すまいるFM76.7MHz「学びYah!」パーソナリティ)

■定員 30名(応募多数の場合は抽選)

■参加費 無料

■対象 16歳以上

■お申し込み
下記申し込み先に「講座参加希望」と明記し、お申込み下さい。 抽選結果はメールで通知いたしますので、お申込みに際しては氏名(年齢性別など書ける範囲でお知らせください)と、返信用のメールアドレスを明記してください。


■メール manabiyah@bit.isao.net

■受付期間 2017年8月31日まで
posted by manabiyah at 08:31| イベント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月10日

お知らせ

8月10日・17日・24日の放送は、夏休み特別企画として、井野川幸次、三品正保、土井崎正富、3人の検校による平家琵琶の語り「卒都婆流」をオンエアします。「新・平家物語」連続講義はお休みとなります。
posted by manabiyah at 10:28| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月04日

「新・平家物語」第142回「りんねの巻(官倉の鍵)」源有綱は、父仲綱と再会する



↑吉川英治「新・平家物語」の朗読・解説の音声ファイルです。
再生ボタンをクリックして聴くことができます。(各回10分程度)
右端のDLボタンからダウンロードしてiPodなどに入れて、
繰り返し聴くこともできます。

・持仏堂で、頼政の真意を明かされた有綱は感激する。
・二人は半日余りも、持仏堂から出て来ない。
・頼政は有綱に伊豆へ帰るようにうながす。
・伊豆へ帰る支度を進める有綱に頼政は諸国の官倉の鍵を託す。
・頼政は有綱に、この鍵を時節を迎えた時、頼朝に渡すよう言う。

【語注】
述懐(じゅっかい)=過去の出来事や思い出などをのべること
灸治(きゅうじ)=灸をすえて治療すること
相擁(あいよう)=互いに相手を抱く
曙光(しょこう)= 夜明けに東の空にさしてくる太陽の光
犬馬(けんば)の労= 主人や目上の人のために全力を尽くして働くこと


「新・平家物語連続講義」これまでの放送分です→「新・平家物語連続講義放送リスト」

*この講座の朗読部分に使用する原文は、講談社発行の「吉川英治歴史時代文庫」に収録されているものを使用しています。



なお「新・平家物語」は電子書籍でも購入ができます。iPadやkindleを使っている方は、こちらもオススメ。

格安です。



これまで放送した古典「平家物語」の連続講義の音声ファイルのリストです。
↓全200回分を無料で聴くことができます。
「平家物語連続講義放送リスト」


posted by manabiyah at 08:13| 新平家物語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月28日

「新・平家物語」第141回「りんねの巻(驢に乗る人)(老兵晩夢)」源有綱は、祖父頼政の真意を問いただす



↑吉川英治「新・平家物語」の朗読・解説の音声ファイルです。
再生ボタンをクリックして聴くことができます。(各回10分程度)
右端のDLボタンからダウンロードしてiPodなどに入れて、
繰り返し聴くこともできます。

・治承三年秋、比叡山の大衆が争いを起こしているとの噂が流れる。
・学僧たちと、武装した僧兵たちが分裂して争っているとのこと。
・平教盛が、討伐に向かうも、僧兵たちの集団である堂衆に敗れてしまう。
・老武者源頼政は後白河法皇の子である以仁王の御所を訪れていた。
・頼政は、平清盛の憐れみの心によって、三位の地位を得ていた。
・頼政は馬ではなく驢馬に乗り唱とともに自宅のある近衛河原へと向かう。

【語注】
驢(ろ)=ロバ
勘気(かんき)をうける=父親などの怒りをうける
斑紋(はんもん)= まだらの模様
蔀(しとみ)= 格子を取り付けた板戸
片鱗(へんりん)=多くの中のほんの少しの部分

「新・平家物語連続講義」これまでの放送分です→「新・平家物語連続講義放送リスト」

*この講座の朗読部分に使用する原文は、講談社発行の「吉川英治歴史時代文庫」に収録されているものを使用しています。



なお「新・平家物語」は電子書籍でも購入ができます。iPadやkindleを使っている方は、こちらもオススメ。

格安です。



これまで放送した古典「平家物語」の連続講義の音声ファイルのリストです。
↓全200回分を無料で聴くことができます。
「平家物語連続講義放送リスト」


posted by manabiyah at 08:00| 新平家物語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月21日

「新・平家物語」第140回「りんねの巻(形影)(木の下)」源仲綱と平宗盛の間で馬をめぐってトラブルが起こる



↑吉川英治「新・平家物語」の朗読・解説の音声ファイルです。
再生ボタンをクリックして聴くことができます。(各回10分程度)
右端のDLボタンからダウンロードしてiPodなどに入れて、
繰り返し聴くこともできます。

・義経は前夜の水亭に行ってみた。
・行家は、有綱の平家への密告の懸念を述べる。
・義経は「有綱は祖父や父の本心を見極めようとしているのだろう」と述べる。
・義経と行家のもとに、弾正介と子息左金吾が連れ立って現れる。
・彼らに導かれて、義経は涼しげな渡殿を越えて別な一間の円座に向かう。

【語注】
下策(げさく)=下手な策略
上策(じょうさく)=すぐれた策略
無類(むるい)= 他に比べるものがない
隔意(かくい)= 心にへだたりのある思い
風聞(ふうぶん)=世間の噂に伝え聞くこと

「新・平家物語連続講義」これまでの放送分です→「新・平家物語連続講義放送リスト」

*この講座の朗読部分に使用する原文は、講談社発行の「吉川英治歴史時代文庫」に収録されているものを使用しています。



なお「新・平家物語」は電子書籍でも購入ができます。iPadやkindleを使っている方は、こちらもオススメ。

格安です。



これまで放送した古典「平家物語」の連続講義の音声ファイルのリストです。
↓全200回分を無料で聴くことができます。
「平家物語連続講義放送リスト」


posted by manabiyah at 08:00| 新平家物語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月14日

「新・平家物語」第139回「りんねの巻(結び文)」都荒らしの大将である「にせ義経」の正体が明かされる



↑吉川英治「新・平家物語」の朗読・解説の音声ファイルです。
再生ボタンをクリックして聴くことができます。(各回10分程度)
右端のDLボタンからダウンロードしてiPodなどに入れて、
繰り返し聴くこともできます。

・平家打倒の計画の中で、中心的な位置にあったのが源頼政。
・孫である有綱の目には、頼政は骨の髄まで平家の随身と見える。
・有綱は行家にことばを尽くして説明するが、行家は逆に有綱をたしなめる。
・二人は互いに言い合いになってしまう。
・有綱は自分の言い分に間違いがあったら腹を切るとまで言い出した。

【語注】
信寵(しんちょう)=信頼し大切にすること
恬(てん)として=気にかけず平然と
懐紙(かいし)= たたんで懐中に携帯し、様々にな用途に使う紙
哄笑(こうしょう)= 大声を出して笑う
末子(ばっし)=すえっこ

「新・平家物語連続講義」これまでの放送分です→「新・平家物語連続講義放送リスト」

*この講座の朗読部分に使用する原文は、講談社発行の「吉川英治歴史時代文庫」に収録されているものを使用しています。



なお「新・平家物語」は電子書籍でも購入ができます。iPadやkindleを使っている方は、こちらもオススメ。

格安です。



これまで放送した古典「平家物語」の連続講義の音声ファイルのリストです。
↓全200回分を無料で聴くことができます。
「平家物語連続講義放送リスト」


posted by manabiyah at 08:00| 新平家物語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月07日

「新・平家物語」第138回「りんねの巻(策士)」義経は行家と対面し、平家打倒の計略の存在を知る



↑吉川英治「新・平家物語」の朗読・解説の音声ファイルです。
再生ボタンをクリックして聴くことができます。(各回10分程度)
右端のDLボタンからダウンロードしてiPodなどに入れて、
繰り返し聴くこともできます。

・堅田の湖賊の刀禰弾正介の屋敷は、建物の一部が湖面に出た造りだった。
・この水亭において、刀禰弾正介は新宮十郎行家と囲碁に挑んでいた。
・行家の姪は、この家の一子である左金吾に嫁いでいた。
・たくさんの舟が旅人を乗せた小舟を取り囲んでこちらへと引いて来た。
・その旅人は自らを新宮十郎行家の甥である九郎義経であると名乗っていた。

【語注】
篤(とく)と=じっくりと
盟主(めいしゅ)=同盟の主宰者
怪訝(けげん)= 不思議で納得がいかないこと
凝視(ぎょうし)= 目をこらして見つめること

「新・平家物語連続講義」これまでの放送分です→「新・平家物語連続講義放送リスト」

*この講座の朗読部分に使用する原文は、講談社発行の「吉川英治歴史時代文庫」に収録されているものを使用しています。



なお「新・平家物語」は電子書籍でも購入ができます。iPadやkindleを使っている方は、こちらもオススメ。

格安です。



これまで放送した古典「平家物語」の連続講義の音声ファイルのリストです。
↓全200回分を無料で聴くことができます。
「平家物語連続講義放送リスト」


posted by manabiyah at 08:43| 新平家物語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする