「平家物語」各場面の原文朗読・現代語訳・解説の音声ファイルを公開しています。
全て無料でダウンロード可能です。
オススメの使い方は→こちらをご参照ください。

2015年11月27日

「新・平家物語」第60回「常磐木の巻(男性四十夢多し)(壬生雀)」姿を消していた金王丸が、常磐の叔父富蔵を襲う


↑吉川英治「新・平家物語」の朗読・解説の音声ファイルです。再生ボタンをクリックして聴くことができます。(各回10分程度)右端のDLボタンからダウンロードしてiPodなどに入れて、繰り返し聴くこともできます。

・常磐の叔父富蔵は酒、女、ばくちの日々を過ごし、金を使い果たす。
・富蔵はついに姪である常磐に金をせびろうとする。
・朱鼻はとりあえず、富蔵に金をにぎらせて、この場を収めようとする。
・その時、何者かが富蔵に襲いかかり、その首と胴をまっぷたつにする。
・宋との交易の夢に熱中した清盛は、女性への興味を忘却していた。

【語注】
手練(しゅれん)=熟練した見事な手並み
紙屋川(かみやがわ)=現在の天神川、京都市を流れる淀川水系の河川
朋輩(ほうばい)=同じ主人に仕えたり、同じ先生についたりしている仲間
代参(だいさん)=本人の代わりに神社・仏閣へ参詣すること
三年坂(さんねんざか)=八坂から清水寺に通じる道路のひとつ



「新・平家物語連続講義」これまでの放送分です→「新・平家物語連続講義放送リスト」

*この講座の朗読部分に使用する原文は、講談社発行の「吉川英治歴史時代文庫」に収録されているものを使用しています。



なお「新・平家物語」は電子書籍でも購入ができます。iPadやkindleを使っている方は、こちらもオススメ。

格安です。



これまで放送した古典「平家物語」の連続講義の音声ファイルのリストです。
↓全200回分を無料で聴くことができます。
「平家物語連続講義放送リスト」



posted by manabiyah at 08:34| 新平家物語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年11月20日

「新・平家物語」第59回「常磐木の巻(石切人生)(巡り逢う水)」悪源太義平は捕えられ、麻鳥と蓬子は再会を果たす



↑吉川英治「新・平家物語」の朗読・解説の音声ファイルです。再生ボタンをクリックして聴くことができます。(各回10分程度)右端のDLボタンからダウンロードしてiPodなどに入れて、繰り返し聴くこともできます。

・金王丸は馬具師の家へ、悪源太は雑色町の家へと戻る。
・明け方近くに六波羅の兵が、悪源太を捕えようとやって来る。
・垣を飛び越え、隣家の屋根に上がって、悪源太は追っ手から逃れた。
・金王丸もまた捕えられそうになり、同じく、逃げ出した。
・蓬子は、文覚との会話の中で阿部麻鳥がこの町の中に暮らしていると知る。

【語注】
関(せき)の明神(みょうじん)= 関蝉丸神社
土器(かわらけ)=素焼きの陶器
酷薄(こくはく)=残酷で薄情なこと
路傍(ろぼう)=みちばた
せんすべなさ=どうしようもなさ


「新・平家物語連続講義」これまでの放送分です→「新・平家物語連続講義放送リスト」

*この講座の朗読部分に使用する原文は、講談社発行の「吉川英治歴史時代文庫」に収録されているものを使用しています。



なお「新・平家物語」は電子書籍でも購入ができます。iPadやkindleを使っている方は、こちらもオススメ。

格安です。



これまで放送した古典「平家物語」の連続講義の音声ファイルのリストです。
↓全200回分を無料で聴くことができます。
「平家物語連続講義放送リスト」



posted by manabiyah at 09:34| 新平家物語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年11月13日

「新・平家物語」第58回「常磐木の巻(からす説法)」悪源太義平と金王丸は清盛を狙おうと語り合う



↑吉川英治「新・平家物語」の朗読・解説の音声ファイルです。再生ボタンをクリックして聴くことができます。(各回10分程度)右端のDLボタンからダウンロードしてiPodなどに入れて、繰り返し聴くこともできます。

・清盛は、教盛の屋敷に身を寄せた後、六波羅へと帰る。
・清盛と常磐の橋渡し役となった朱鼻は、時子の怒りを買い、六波羅の屋敷に出入り禁止となる。
・常磐は神泉苑の西になる目立たぬ住居へと移される。
・雑色町の一軒の家に悪源太義平は居候をして潜んでいた。
・義平と同じように都の裏町にひそんでいた源氏の残党が金王丸。

【語注】
人体(にんてい)=外見のようす、風体
諸職(しょしき)=専門の道に携わる人々
時粧(じそう)=流行のよそおい
末輩(まっぱい)=仲間の末に連なる者
旭日(きょくじつ)の勢い=朝日が天に昇るように、勢いが盛んなこと
妓館(ぎかん)=遊女屋、娼家
黙契(もっけい)=無言のうちに合意が成り立つこと

「新・平家物語連続講義」これまでの放送分です→「新・平家物語連続講義放送リスト」

*この講座の朗読部分に使用する原文は、講談社発行の「吉川英治歴史時代文庫」に収録されているものを使用しています。



なお「新・平家物語」は電子書籍でも購入ができます。iPadやkindleを使っている方は、こちらもオススメ。

格安です。



これまで放送した古典「平家物語」の連続講義の音声ファイルのリストです。
↓全200回分を無料で聴くことができます。
「平家物語連続講義放送リスト」




posted by manabiyah at 08:50| 新平家物語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする