「平家物語」各場面の原文朗読・現代語訳・解説の音声ファイルを公開しています。
全て無料でダウンロード可能です。
オススメの使い方は→こちらをご参照ください。

2016年06月24日

「新・平家物語」第88回「みちのくの巻(白粉まだら)(大天井)」祭りの賑わいに紛れて、牛若は遂に、鞍馬山からの脱出を果たす



↑吉川英治「新・平家物語」の朗読・解説の音声ファイルです。再生ボタンをクリックして聴くことができます。(各回10分程度)
右端のDLボタンからダウンロードしてiPodなどに入れて、
繰り返し聴くこともできます。


・鞍馬祭り3日目、稚子たちは、行列や舞などに備えて、化粧をされている。
・なぜか牛若は「夕べはうれしくて眠れなかった」と語る。
・隙をみて牛若は父のかたみの小さい銀の観音像を肌身に持つ。
・楽人たちに混じり酒盛りの中にいた麻鳥は、稚子のひとりが逃げたことを聞く。
・遮那王牛若は天狗たちに囲まれながら鞍馬脱出の途上にあった。

【語注】
楽手(がくしゅ)= 楽器を演奏する人
可憐(かれん)=かわいらしく、守ってやりたくなるような気持ちを起こさせること
竹伐(たけきり)=鞍馬寺で行われる行事、大竹を法師が山刀で切り、豊凶を占う
喝采(かっさい)=声を上げて褒めそやすこと
恰好(かっこう)=ちょうど似つかわしいさま
一齣(いっく)=ひとくさり、謡いもの・語りもの、話などのまとまった一区切り


「新・平家物語連続講義」これまでの放送分です→「新・平家物語連続講義放送リスト」

*この講座の朗読部分に使用する原文は、講談社発行の「吉川英治歴史時代文庫」に収録されているものを使用しています。



なお「新・平家物語」は電子書籍でも購入ができます。iPadやkindleを使っている方は、こちらもオススメ。

格安です。



これまで放送した古典「平家物語」の連続講義の音声ファイルのリストです。
↓全200回分を無料で聴くことができます。
「平家物語連続講義放送リスト」


posted by manabiyah at 08:40| 新平家物語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月17日

「新・平家物語」第87回「みちのくの巻(童心一途)(山祭り)」鞍馬に向かった麻鳥は牛若に母常磐からの手紙を渡す



↑吉川英治「新・平家物語」の朗読・解説の音声ファイルです。再生ボタンをクリックして聴くことができます。(各回10分程度)
右端のDLボタンからダウンロードしてiPodなどに入れて、
繰り返し聴くこともできます。

・常磐からの手紙を預かって牛若に渡そうと鞍馬を訪れてきた麻鳥。
・天狗のような集団の正体は、東国の土豪らの子弟や郎党たち。
・牛若の安全と将来を守るため、奥州藤原氏の蔭に頼るほかはないと語られる。
・麻鳥は牛若に会う機会を得るために、根気よく谷間に隠れて待つ。
・麻鳥は楽人の仲間の一人として紛れて、怪しまれることなく鞍馬に入る。

【語注】
忍苦(にんく)= 苦しみを耐えしのぶこと
得度(とくど)=僧侶となるための出家の儀式
帰依(きえ)=神仏や高僧などのすぐれた者を信じてそれにすがること
未来永劫(みらいえいごう)=これから先、無限に長い年月にわたること
輪廻(りんね)=死んでもまた生まれ変わり続けること


「新・平家物語連続講義」これまでの放送分です→「新・平家物語連続講義放送リスト」

*この講座の朗読部分に使用する原文は、講談社発行の「吉川英治歴史時代文庫」に収録されているものを使用しています。



なお「新・平家物語」は電子書籍でも購入ができます。iPadやkindleを使っている方は、こちらもオススメ。

格安です。



これまで放送した古典「平家物語」の連続講義の音声ファイルのリストです。
↓全200回分を無料で聴くことができます。
「平家物語連続講義放送リスト」


posted by manabiyah at 09:00| 新平家物語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月10日

「新・平家物語」第86回「みちのくの巻(天狗道場)」僧正ヶ谷の谷底、天狗のように集まった一群のもとに牛若がやって来る



↑吉川英治「新・平家物語」の朗読・解説の音声ファイルです。再生ボタンをクリックして聴くことができます。(各回10分程度)
右端のDLボタンからダウンロードしてiPodなどに入れて、
繰り返し聴くこともできます。

・鞍馬山の北西側、 貴船神社との間にある谷は僧正ヶ谷と呼ばれる。
・そこには天狗が住んでいて、近づくと祟りを受けるという伝説が伝えられていた。
・谷底ではまるで本物の天狗のように見える一群が語り合う。
・そこに現れたのが、鞍馬の遮那王、義朝の遺児である牛若。
・「義経記」巻一に平家打倒を誓い武芸の稽古に励む義経の描写がある。

【語注】
粗食粗衣(そしょくそい)= 質素な暮らし
豊頬 (ほうきょう)=ふっくらとした美しいほお
天意(てんい)=天の意志
讃嘆(さんたん)=非常に感心してほめること
狼狽(ろうばい)=思いがけない出来事に慌てふためくこと

「新・平家物語連続講義」これまでの放送分です→「新・平家物語連続講義放送リスト」

*この講座の朗読部分に使用する原文は、講談社発行の「吉川英治歴史時代文庫」に収録されているものを使用しています。



なお「新・平家物語」は電子書籍でも購入ができます。iPadやkindleを使っている方は、こちらもオススメ。

格安です。



これまで放送した古典「平家物語」の連続講義の音声ファイルのリストです。
↓全200回分を無料で聴くことができます。
「平家物語連続講義放送リスト」


posted by manabiyah at 08:31| 新平家物語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする