「平家物語」各場面の原文朗読・現代語訳・解説の音声ファイルを公開しています。
全て無料でダウンロード可能です。
オススメの使い方は→こちらをご参照ください。

2017年03月17日

「新・平家物語」第124回「御産の巻(俊寛と・やどかり)」成経、康頼、俊寛の三人が鬼界ヶ島へ流される




↑吉川英治「新・平家物語」の朗読・解説の音声ファイルです。
再生ボタンをクリックして聴くことができます。(各回10分程度)
右端のDLボタンからダウンロードしてiPodなどに入れて、
繰り返し聴くこともできます。

・鹿ヶ谷事件に関与したものたちの多くは配流となった。
・加賀守師高は尾張で、新大納言成親は備前の国吉備郡庭瀬ノ郷で死去。
・摂津の浦からは、薩摩潟鬼界ヶ島へ囚人を送る船が出航した。
・乗っていたのは丹波少将成経、平判官康頼、法勝寺の執行俊寛僧都だった。
・他の二人とは違い俊寛は「もがいてどうなるものでもない」と落ち着いた態度。


【語注】
切窓(きりまど)=明かりとりの窓
荒磯(ありそ)=「あらいそ」の音変化したもの
まじまじと= なかなか寝つけずにいるさま
三所権現(さんしょごんげん)= 熊野本宮、新宮、那智の三つの神社
灌木帯(かんぼくたい)=低木が主で高木も幹が屈曲して低木化して生育している地帯

「新・平家物語連続講義」これまでの放送分です→「新・平家物語連続講義放送リスト」

*この講座の朗読部分に使用する原文は、講談社発行の「吉川英治歴史時代文庫」に収録されているものを使用しています。



なお「新・平家物語」は電子書籍でも購入ができます。iPadやkindleを使っている方は、こちらもオススメ。

格安です。



これまで放送した古典「平家物語」の連続講義の音声ファイルのリストです。
↓全200回分を無料で聴くことができます。
「平家物語連続講義放送リスト」


posted by manabiyah at 12:06| 新平家物語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月10日

「新・平家物語」第123回「御産の巻(鴛鴦吟)」鹿ヶ谷事件も一段落し、高倉天皇と紅葉についての逸話が紹介される



↑吉川英治「新・平家物語」の朗読・解説の音声ファイルです。
再生ボタンをクリックして聴くことができます。(各回10分程度)
右端のDLボタンからダウンロードしてiPodなどに入れて、
繰り返し聴くこともできます。

・清盛は法住寺殿におもむいて、後白河法皇と対面。
・院の周囲の者たちは、職をとかれる結果となる。
・比叡山の明雲座主は伊豆配流を赦免される。
・比叡山の大衆は、清盛に感謝を示した。
・京に住む庶民たちは無駄な合戦が起こらなかったことを安堵する。


【語注】
そもじ=そなた、あなた
仙洞(せんとう)=法皇の御所、法皇自身をも指す
才藻(さいそう)= 詩文を作る才能、文才
鍾愛(しょうあい)= たいそう好き好むこと
懈怠(けたい)=なまけること
叡慮(えいりょ)=天子の考え

「新・平家物語連続講義」これまでの放送分です→「新・平家物語連続講義放送リスト」

*この講座の朗読部分に使用する原文は、講談社発行の「吉川英治歴史時代文庫」に収録されているものを使用しています。



なお「新・平家物語」は電子書籍でも購入ができます。iPadやkindleを使っている方は、こちらもオススメ。

格安です。



これまで放送した古典「平家物語」の連続講義の音声ファイルのリストです。
↓全200回分を無料で聴くことができます。
「平家物語連続講義放送リスト」


posted by manabiyah at 08:43| 新平家物語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月03日

「新・平家物語」第122回「御産の巻(「教訓」の事)」鹿ヶ谷の謀議に関わった者たちに処分がくだされていく



↑吉川英治「新・平家物語」の朗読・解説の音声ファイルです。
再生ボタンをクリックして聴くことができます。(各回10分程度)
右端のDLボタンからダウンロードしてiPodなどに入れて、
繰り返し聴くこともできます。

・丹波少将成経は法住寺殿に隠れて様子を伺っていた。
・成経は「父成親が生きているうちに会いたい」と自首を決める。
・成経は、妻の父である平教盛、通称、門脇どのの家に向かう。
・教盛は車に少将を乗せて、清盛のいる西八条へと向かう。
・教盛は兄である清盛に、成経の身柄を自分に預けて欲しいと嘆願する。

【語注】
喬木(きょうぼく)=丈の高い木
覆滅(ふくめつ)=完全に滅ぼすこと
驥尾(きび)に付す=すぐれた人に従っていくこと
陸続(りくぞく)=次々と連なり続くさま
悉皆(しっかい)=ことごとく全部

「新・平家物語連続講義」これまでの放送分です→「新・平家物語連続講義放送リスト」

*この講座の朗読部分に使用する原文は、講談社発行の「吉川英治歴史時代文庫」に収録されているものを使用しています。



なお「新・平家物語」は電子書籍でも購入ができます。iPadやkindleを使っている方は、こちらもオススメ。

格安です。



これまで放送した古典「平家物語」の連続講義の音声ファイルのリストです。
↓全200回分を無料で聴くことができます。
「平家物語連続講義放送リスト」


posted by manabiyah at 08:22| 新平家物語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする