「平家物語」各場面の原文朗読・現代語訳・解説の音声ファイルを公開しています。
全て無料でダウンロード可能です。
オススメの使い方は→こちらをご参照ください。

2017年07月28日

「新・平家物語」第141回「りんねの巻(驢に乗る人)(老兵晩夢)」源有綱は、祖父頼政の真意を問いただす



↑吉川英治「新・平家物語」の朗読・解説の音声ファイルです。
再生ボタンをクリックして聴くことができます。(各回10分程度)
右端のDLボタンからダウンロードしてiPodなどに入れて、
繰り返し聴くこともできます。

・治承三年秋、比叡山の大衆が争いを起こしているとの噂が流れる。
・学僧たちと、武装した僧兵たちが分裂して争っているとのこと。
・平教盛が、討伐に向かうも、僧兵たちの集団である堂衆に敗れてしまう。
・老武者源頼政は後白河法皇の子である以仁王の御所を訪れていた。
・頼政は、平清盛の憐れみの心によって、三位の地位を得ていた。
・頼政は馬ではなく驢馬に乗り唱とともに自宅のある近衛河原へと向かう。

【語注】
驢(ろ)=ロバ
勘気(かんき)をうける=父親などの怒りをうける
斑紋(はんもん)= まだらの模様
蔀(しとみ)= 格子を取り付けた板戸
片鱗(へんりん)=多くの中のほんの少しの部分

「新・平家物語連続講義」これまでの放送分です→「新・平家物語連続講義放送リスト」

*この講座の朗読部分に使用する原文は、講談社発行の「吉川英治歴史時代文庫」に収録されているものを使用しています。



なお「新・平家物語」は電子書籍でも購入ができます。iPadやkindleを使っている方は、こちらもオススメ。

格安です。



これまで放送した古典「平家物語」の連続講義の音声ファイルのリストです。
↓全200回分を無料で聴くことができます。
「平家物語連続講義放送リスト」


posted by manabiyah at 08:00| 新平家物語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月21日

「新・平家物語」第140回「りんねの巻(形影)(木の下)」源仲綱と平宗盛の間で馬をめぐってトラブルが起こる



↑吉川英治「新・平家物語」の朗読・解説の音声ファイルです。
再生ボタンをクリックして聴くことができます。(各回10分程度)
右端のDLボタンからダウンロードしてiPodなどに入れて、
繰り返し聴くこともできます。

・義経は前夜の水亭に行ってみた。
・行家は、有綱の平家への密告の懸念を述べる。
・義経は「有綱は祖父や父の本心を見極めようとしているのだろう」と述べる。
・義経と行家のもとに、弾正介と子息左金吾が連れ立って現れる。
・彼らに導かれて、義経は涼しげな渡殿を越えて別な一間の円座に向かう。

【語注】
下策(げさく)=下手な策略
上策(じょうさく)=すぐれた策略
無類(むるい)= 他に比べるものがない
隔意(かくい)= 心にへだたりのある思い
風聞(ふうぶん)=世間の噂に伝え聞くこと

「新・平家物語連続講義」これまでの放送分です→「新・平家物語連続講義放送リスト」

*この講座の朗読部分に使用する原文は、講談社発行の「吉川英治歴史時代文庫」に収録されているものを使用しています。



なお「新・平家物語」は電子書籍でも購入ができます。iPadやkindleを使っている方は、こちらもオススメ。

格安です。



これまで放送した古典「平家物語」の連続講義の音声ファイルのリストです。
↓全200回分を無料で聴くことができます。
「平家物語連続講義放送リスト」


posted by manabiyah at 08:00| 新平家物語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月14日

「新・平家物語」第139回「りんねの巻(結び文)」都荒らしの大将である「にせ義経」の正体が明かされる



↑吉川英治「新・平家物語」の朗読・解説の音声ファイルです。
再生ボタンをクリックして聴くことができます。(各回10分程度)
右端のDLボタンからダウンロードしてiPodなどに入れて、
繰り返し聴くこともできます。

・平家打倒の計画の中で、中心的な位置にあったのが源頼政。
・孫である有綱の目には、頼政は骨の髄まで平家の随身と見える。
・有綱は行家にことばを尽くして説明するが、行家は逆に有綱をたしなめる。
・二人は互いに言い合いになってしまう。
・有綱は自分の言い分に間違いがあったら腹を切るとまで言い出した。

【語注】
信寵(しんちょう)=信頼し大切にすること
恬(てん)として=気にかけず平然と
懐紙(かいし)= たたんで懐中に携帯し、様々にな用途に使う紙
哄笑(こうしょう)= 大声を出して笑う
末子(ばっし)=すえっこ

「新・平家物語連続講義」これまでの放送分です→「新・平家物語連続講義放送リスト」

*この講座の朗読部分に使用する原文は、講談社発行の「吉川英治歴史時代文庫」に収録されているものを使用しています。



なお「新・平家物語」は電子書籍でも購入ができます。iPadやkindleを使っている方は、こちらもオススメ。

格安です。



これまで放送した古典「平家物語」の連続講義の音声ファイルのリストです。
↓全200回分を無料で聴くことができます。
「平家物語連続講義放送リスト」


posted by manabiyah at 08:00| 新平家物語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする