「平家物語」各場面の原文朗読・現代語訳・解説の音声ファイルを公開しています。
全て無料でダウンロード可能です。
オススメの使い方は→こちらをご参照ください。

2019年07月26日

「新・平家物語」第236回「くりからの巻(若やぎの壺)(安宅・篠原)」山吹に助けられた義仲は山吹を自分の側で仕えられるようにすると約束


↑吉川英治「新・平家物語」の朗読・解説の音声ファイルです。
再生ボタンをクリックして聴くことができます。(各回10分程度)
右端のDLボタンからダウンロードしてiPodなどに入れて、
繰り返し聴くこともできます。

・平家方には木曾勢が夜襲をかけるという情報がもたらされる。
・維盛の主張によって平家の軍は安宅へと急ぐ。
・木曾勢の前進を受けた平家方はこれに動揺。
・ようやく平家の残軍三万余騎が安宅・篠原の地にたどりつく。
・この夜、斎藤実盛は仲間たちと酒を酌み交わしていた。

【語注】
蓬々(ほうほう)=髪やひげが乱れてのびる様
慚愧(ざんき)=心に深く恥じること
毀誉褒貶(きよほうへん)=ほめることとけなすこと
弓手(ゆんで)=左手


「新・平家物語連続講義」これまでの放送分です→「新・平家物語連続講義放送リスト」

*この講座の朗読部分に使用する原文は、講談社発行の「吉川英治歴史時代文庫」に収録されているものを使用しています。




なお「新・平家物語」は電子書籍でも購入ができます。iPadやkindleを使っている方は、こちらもオススメ。


格安です。




これまで放送した古典「平家物語」の連続講義の音声ファイルのリストです。
↓全200回分を無料で聴くことができます。
「平家物語連続講義放送リスト」




posted by manabiyah at 08:13| 新平家物語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする