「平家物語」各場面の原文朗読・現代語訳・解説の音声ファイルを公開しています。
全て無料でダウンロード可能です。
オススメの使い方は→こちらをご参照ください。

2019年08月23日

「新・平家物語」第240回「くりからの巻(堂上堂下)」義仲から送られた牒状への返事をめぐって比叡山では僉議が行われる


↑吉川英治「新・平家物語」の朗読・解説の音声ファイルです。
再生ボタンをクリックして聴くことができます。(各回10分程度)
右端のDLボタンからダウンロードしてiPodなどに入れて、
繰り返し聴くこともできます。

・覚明は「木曾殿牒状」を呈して、比叡山延暦寺からの返事を待つ。
・覚明のもとに堅田湖賊の頭である刀禰弾正介からの使いが来る。
・密談で「山門の抱き込みは堅田党の策に任せてくれ」と述べられる。
・覚明はいったん越前の武生の陣に立ち帰る。
・比叡山側は平家に味方するか源氏に味方するかについて紛糾。

【語注】
不逞(ふてい)=けしからぬ態度や行い
左顧右眄(さこうべん)=周りを気にしてなかなか決断を下さないこと
走狗(そうく)=人の手先に使われるもの


「新・平家物語連続講義」これまでの放送分です→「新・平家物語連続講義放送リスト」

*この講座の朗読部分に使用する原文は、講談社発行の「吉川英治歴史時代文庫」に収録されているものを使用しています。




なお「新・平家物語」は電子書籍でも購入ができます。iPadやkindleを使っている方は、こちらもオススメ。


格安です。




これまで放送した古典「平家物語」の連続講義の音声ファイルのリストです。
↓全200回分を無料で聴くことができます。
「平家物語連続講義放送リスト」



posted by manabiyah at 07:07| 新平家物語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする