「平家物語」各場面の原文朗読・現代語訳・解説の音声ファイルを公開しています。
全て無料でダウンロード可能です。
オススメの使い方は→こちらをご参照ください。

2020年05月29日

「新・平家物語」第279回「京乃木曾殿の巻(捨て小舟)」義仲は後白河法皇を五条の里内裏に押し込める


↑吉川英治「新・平家物語」の朗読・解説の音声ファイルです。
再生ボタンをクリックして聴くことができます。(各回10分程度)
右端のDLボタンからダウンロードしてiPodなどに入れて、
繰り返し聴くこともできます。

・京都の東山区と山科区の境にある華頂山。
・華頂山のふもと、瓦坂の下あたりは木曽兵も少ない。
・鼓ノ判官知泰はこちらの方面から逃れる。
・摂政であった藤原基通もこちらの方面から宇治へ逃れた。

【語注】
落去(らっきょ)=落城する、落ち延びる
欄(おばしま)=てすり
貯備(ちょび)=たくわえてそなえる

「新・平家物語連続講義」これまでの放送分です→「新・平家物語連続講義放送リスト」

*この講座の朗読部分に使用する原文は、講談社発行の「吉川英治歴史時代文庫」に収録されているものを使用しています。



なお「新・平家物語」は電子書籍でも購入ができます。iPadやkindleを使っている方は、こちらもオススメ。


格安です。



これまで放送した古典「平家物語」の連続講義の音声ファイルのリストです。
↓全200回分を無料で聴くことができます。
「平家物語連続講義放送リスト」

   

posted by manabiyah at 13:36| 新平家物語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年05月22日

「新・平家物語」第278回「京乃木曾殿の巻(火矢)」義仲の軍勢が院の御所である法住寺を焼き討ちし征服


↑吉川英治「新・平家物語」の朗読・解説の音声ファイルです。
再生ボタンをクリックして聴くことができます。(各回10分程度)
右端のDLボタンからダウンロードしてiPodなどに入れて、
繰り返し聴くこともできます。

・義仲は築土に登っていた知泰に向けて矢をつがえる。
・知泰は奇声を揚げて、築土の上から内へと姿を消す。
・築土の内側で大勢の笑う声がした。
・義仲に対して狼狽してころげ落ちた知泰を笑う声だった。
・知泰は懲りることもなくまたも築土にはい上がっていく。

【語注】
十善(じゅうぜん)の君=天皇
驕児(きょうじ)=わがままな子
開闢(かいびゃく)=世界の始まり

「新・平家物語連続講義」これまでの放送分です→「新・平家物語連続講義放送リスト」

*この講座の朗読部分に使用する原文は、講談社発行の「吉川英治歴史時代文庫」に収録されているものを使用しています。



なお「新・平家物語」は電子書籍でも購入ができます。iPadやkindleを使っている方は、こちらもオススメ。


格安です。



これまで放送した古典「平家物語」の連続講義の音声ファイルのリストです。
↓全200回分を無料で聴くことができます。
「平家物語連続講義放送リスト」

   

posted by manabiyah at 09:23| 新平家物語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年05月15日

「新・平家物語」第277回「京乃木曾殿の巻(弱公卿・強公卿)」根井小弥太らが萱ノ御所に火を放ち、義仲と院の戦いはエスカレートしていく


↑吉川英治「新・平家物語」の朗読・解説の音声ファイルです。
再生ボタンをクリックして聴くことができます。(各回10分程度)
右端のDLボタンからダウンロードしてiPodなどに入れて、
繰り返し聴くこともできます。

・義仲の指示なく根井小弥太らは行家を討つべく動き出す。
・木曽兵は萱ノ御所を包囲して矢を射込む。
・中へとなだれこむも、そこに行家の姿はない。
・逆に院方の兵が木曽兵の周囲を取り囲む。

【語注】
山家(やまが)=山里
欄(おばしま)=欄干
不逞(ふてい)=勝手きままにふるまうこと

「新・平家物語連続講義」これまでの放送分です→「新・平家物語連続講義放送リスト」

*この講座の朗読部分に使用する原文は、講談社発行の「吉川英治歴史時代文庫」に収録されているものを使用しています。



なお「新・平家物語」は電子書籍でも購入ができます。iPadやkindleを使っている方は、こちらもオススメ。


格安です。



これまで放送した古典「平家物語」の連続講義の音声ファイルのリストです。
↓全200回分を無料で聴くことができます。
「平家物語連続講義放送リスト」

   

posted by manabiyah at 12:04| 新平家物語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする