「平家物語」各場面の原文朗読・現代語訳・解説の音声ファイルを公開しています。
全て無料でダウンロード可能です。
オススメの使い方は→こちらをご参照ください。

2012年12月06日

10分でわかる「平家物語」巻九「宇治川先陣」(宇治川の先陣争いの様子)


↑「平家物語」原文の朗読・現代語訳・解説の音声ファイルです。
再生ボタンをクリックして聴くことができます。(各回10分程度)
右端のDLボタンからダウンロードしてiPodなどに入れて、
繰り返し聴くこともできます。(ページ下に全訳あり。)



平等院の丑寅、橘の小島が崎より武者二騎ひッかけひッかけいできたり。一騎は梶原源太景季、一騎は佐々木四郎高綱也。人目には何とも見えざりけれども、内々は先に心をかけたりければ、梶原は佐々木に一段ばかりぞすすんだる。佐々木四郎「此河は西国一の大河ぞや。腹帯ののびて見えさうは、しめたまへ」といはれて、梶原さもあるらんと思ひけん、左右のあぶみをふみすかし、手綱を馬のゆがみにすて、腹帯をといてぞしめたりける。

そのまに佐々木はつッと馳せ抜いて、河へざッとぞうちいれたる。梶原たばかられぬとや思ひけん、やがてつづいてうちいれたり。「いかに佐々木殿、高名せうどて不覚し給ふな。水の底には大綱あるらん」といひければ、佐々木太刀をぬき、馬の足にかかりける大綱どもをばふつふつとうちきりうちきり、いけずきといふ世一の馬には、乗ッたりけり、宇治河はやしといへども、一文字にざッとわたいてむかへの岸にうちあがる。

梶原が乗ッたりけるするすみは、河なかより、のため形に、おしなされて、はるかのしもよりうちあげたり。佐々木あぶみふンばりたちあがり、大音声をあげて名のりけるは、「宇多の天皇より九代の後胤、佐々木三郎秀義が四男、佐々木四郎高綱、宇治河の先陣ぞや。われと思はん人々は高綱にくめや」とて、をめいてかく。



平家物語連続講義のこれまでの内容を物語の展開順にまとめました。
「平家物語連続講義放送リスト」
------------------------------------------------------------------------------------
【アイテム紹介】「平家物語」には数多くの異本(バージョン違い)がありますが、新潮社からは「百二十句本」が出版されています。たとえば、この「宇治川先陣」の「佐々木太刀をぬき、馬の足にかかりける大綱どもをばふつふつとうちきりうちきり」とある部分で佐々木が用いた太刀について「百二十句本」では「面影(おもかげ)」という名であるとの旨が記されています。このように同じ場面を異本で読み比べることで、新たな発見を得ることができるのも「平家物語」の面白いところです。

タイトルor画像↓をクリックすると詳細が表示されます。
平家物語(百二十句本) 上

平家物語(百二十句本) 中

平家物語(百二十句本) 下

------------------------------------------------------------------------------------

〈現代語訳〉


平等院の北東、橘の小島が崎から武士が二騎、馬を駆けさせ、駆けさせして現れた。一騎は梶原源太景季(かげすえ)、一騎は佐々木四郎高綱である。人の目からは何とも見えなかったが、互いに内心は先陣をいこうとしていた。梶原は佐々木に対して11メートルほど先にいっている。佐々木は言った「この河は西国一の大きな河であるよ。馬の腹帯がゆるんで見えます、しめなされ。」と。言われて、梶原はその通りにゆるんでいるのだろうと思ったのだろうか、左右のあぶみを踏ん張って動かして、馬の腹との間にすきまを作って、たずなを馬の束ねたたてがみに投げかけて、馬の腹帯をといてしめ直した。


その間に佐々木はつっと馬を駆けさせて、河へとざっと入れた。梶原は、はかられたと思ったのだろうか、すぐに続いて馬を宇治川へと入れた。「おい、佐々木殿、手柄をたてようとあせって失敗しなさるな。水の底には大綱があるだろう。」と言ったので、佐々木は太刀を抜いて、馬の足にひっかかる大綱をぶつぶつと切りながら、いけずきという世の中で一番の馬に乗っていただけあって、宇治川の流れが速いと言っても、一という文字のように真っすぐざっと渡って向こう岸へと上がった。


梶原の乗っていたするすみという馬は河中から、のための形のよう(=矢の竹をたわめた曲線のような軌道)に、押し流されて遥か下流の方から岸にあがった。佐々木はあぶみに踏ん張って立ち上がって、大声をあげて名乗ったことには、「宇多天皇以来九代の子孫、佐々木三郎秀義の四男である私佐々木四郎高綱は、宇治川の先陣であるぞ、われと思うような人々は私高綱に組み合え。」と、わめいて先を駆けた。

posted by manabiyah at 08:03| 平家物語過去分 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする