「平家物語」各場面の原文朗読・現代語訳・解説の音声ファイルを公開しています。
全て無料でダウンロード可能です。
オススメの使い方は→こちらをご参照ください。

2012年12月24日

10分でわかる「平家物語」巻九「木曾最期」(義仲が、乳母子である今井四郎と奇跡の再会を果たし最後の戦いにのぞむ)


↑「平家物語」原文の朗読・現代語訳・解説の音声ファイルです。
再生ボタンをクリックして聴くことができます。(各回10分程度)
右端のDLボタンからダウンロードしてiPodなどに入れて、
繰り返し聴くこともできます。(ページ下に全訳あり。)




木曾は長坂をへて丹波路へおもむくともきこえけり。又竜花越にかかッて北国へともきこえけり。かかりしかども、今井がゆくゑを聞かばやとて、勢田の方へ落ち行くほどに、今井四郎兼平も、八百余騎で勢田をかためたりけるが、わづかに五十騎ばかりにうちなされ、旗をばまかせて、主のおぼつかなきに、都へとッてかへすほどに、大津の打出の浜にて、木曾殿にゆきあひたてまつる。互になか一町ばかりよりそれと見知ッて、主従駒をはやめてよりあうたり。木曾殿今井が手をとッてのたまひけるは、「義仲、六条河原でいかにもなるべかりつれども、なんぢがゆくゑの恋しさに、多くの敵の中をかけわッて、これまではのがれたるなり」。



今井四郎、「御諚まことにかたじけなう候ふ。兼平も勢田で打ち死につかまつるべう候ひつれども、御ゆくゑのおぼつかなさに、これまで参ッて候ふ」とぞ申しける。木曾殿「契はいまだくちせざりけり。義仲が勢は敵に押しへだてられ、山林に馳せちッて、この辺にもあるらんぞ。汝がまかせてもたせたる旗あげさせよ」とのたまへば、今井が旗をさしあげたり。

京よりおつる勢ともなく、勢田よりおつるものともなく、今井が旗を見つけて三百余騎ぞはせ集る。木曾大きに悦びて、「此の勢あらば、などか最後のいくさせざるべき。ここにしぐらうで見ゆるはたが手やらん」。「甲斐の一条次郎殿とこそ承り候へ」。「勢はいくらほどあるやらん」。「六千余騎とこそきこえ候へ」。「さてはよい敵ごさんなれ。おなじう死なば、よからう敵にかけあうて、大勢の中でこそ打ち死にをもせめ」とて、まッさきにこそすすみけれ。


平家物語連続講義のこれまでの内容を物語の展開順にまとめました。
「平家物語連続講義放送リスト」

------------------------------------------------------------------------------------
【アイテム紹介】「平家物語」の入門書としては最強のわかりやすさだと思います。それもそのはず、著者の千明守氏は、代々木ゼミナール講師の椎名守。予備校講師としても一流の著者による解説です。文体は架空の生徒と先生のやりとりの形式になっていて、大変に読みやすい本です。イラストなども豊富に使われていて、読んでいて眠くなりません。「平家物語」の参考書を買うならば、1冊目に選ぶべき本はこの「平家物語が面白いほどわかる本」です!

書名or表紙画像↓をクリックすると詳細が表示されます。
平家物語が面白いほどわかる本



IMG_8184.JPG

------------------------------------------------------------------------------------

〈現代語訳〉


義仲は、長坂を通って丹波路に向かうと噂になった。また竜下越というところを越えて、北国へ逃げたともうわさされた。このようなうわさはあったが、「今井の行く先を聞きたい」として義仲は、勢田の方に落ちのびていくうちに、今井四郎兼平も800騎で勢田を固めていたが、わずか50騎ほどにされて、旗を巻いてしまって、主人である義仲のことが気がかりで都にとって返すうちに、大津の打出の浜で、今井は義仲に行き会い申し上げた。互いに100メートルほどの距離からそれとわかって、主従ともに馬を早めて駆け寄りあった。義仲が今井の手をとっておっしゃったことには、「私義仲は六条河原でどうともなるべきだったのだが、お前の行方を恋しく思って多くの敵の中を駆け抜けてここまで逃れたのだ。」

今井は言った「お言葉は本当にもったいなくございます。私、兼平も勢田で討ち死にし申し上げるべきでしたが、義仲様の行方が気がかりでここまで参上いたしました、」と申した。義仲は言った。「お前との運命はまだ終わってはいなかったのだ。私、義仲側の軍勢は敵に隔てられて、山林に馳せ散って、この周辺に残っているだろう。お前の巻かせて持たせている旗を挙げさせよ、」とおっしゃったので、今井は旗をさしあげた。

都から落ちのびてきた軍勢ともなく、勢田から落ちのびてきた軍勢ということもなく、今井の旗を見つけて300騎がはせ集まってきた。義仲は大いに喜んで、「この軍勢がいるなら、どうして最後の戦いをしないだろうか、いやする。ここに密集して見えるのは、誰の手勢であろうか。」(今井)「甲斐の一条次郎忠頼の軍と承っています。」(義仲)「軍勢はどれほどあるのだろうか。」(今井)「6000騎とのうわさです。」(義仲)「それならちょうどいい敵であるようだ。同じく死ぬものなら、それに相応しい立派な敵と馬を掛け合って、大勢の中で討ち死にをしよう」と義仲は真っ先に駆けて進んでいった。

posted by manabiyah at 07:27| 平家物語過去分 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする