「平家物語」各場面の原文朗読・現代語訳・解説の音声ファイルを公開しています。
全て無料でダウンロード可能です。
オススメの使い方は→こちらをご参照ください。

2011年11月03日

10分でわかる「平家物語」巻五「福原院宣」(義朝と見せかけたドクロを手に頼朝を説得しようとした文覚)


↑「平家物語」原文の朗読・現代語訳・解説の音声ファイルです。
再生ボタンをクリックして聴くことができます。(各回10分程度)
右端のDLボタンからダウンロードしてiPodなどに入れて、
繰り返し聴くこともできます。(ページ下に全訳あり。)


「平家には小松のおほいとのこそ、心も剛に、はかり事もすぐれておはせしか、平家の運命が末になるやらん、こぞの八月薨ぜられぬ。いまは源平のなかに、わとの程、将軍の相持ッたる人はなし。はやはや謀反おこして、日本国したがへ給へ」。兵衛佐「おもひもよらぬ事のたまふ聖御房かな。われは故池の尼御前にかひなき命を助けられ奉ッて候へば、その後世を弔はんために、毎日に法花経一部転読する外は他事なし」とこそのたまひけれ。


文覚重ねて申しけるは、「天のあたふるを取らざれば、かへッて其とがをうく。時いたッておこなはざれば、かへッて其のわざはひをうくといふ本文あり。かう申せば、御辺の心をみんとて申すなんど思ひ給ふか。御辺に心ざしの深い色を見給へかし」とて、ふところより白い布につつんだる髑髏をひとつとりいだす。兵衛佐「あれはいかに」とのたまへば、「これこそわとのの父、故左馬頭殿のかうべよ。平治の後、獄舎のまへなる苔のしたにうづもれて、後世とぶらふ人もなかりしを、文覚存ずる旨あッて、獄もりに乞うて、この十余年頸にかけ、山々寺々拝みまはり、とぶらひ奉れば、いまは一劫もたすかり給ひぬらん。されば、文覚は故守殿の御ためにも奉公のものでこそ候へ」と申しければ、兵衛佐殿、一定とはおぼえねども、父のかうべと聞くなつかしさに、まづ涙をぞながされける。其後はうちとけて物がたりし給ふ。


平家物語連続講義のこれまでの内容を物語の展開順にまとめました。
「平家物語連続講義放送リスト」

------------------------------------------------------------------------------------
【アイテム紹介】「平家物語」に先立つ物語が「保元物語」「平治物語」。「平家物語」に比べて出版されている本の種類も少ないのですが、この小学館の「日本古典文学全集」のシリーズは「原文・現代語訳・注」が段組みになっていて非常に便利です。平将門の乱を描いた「将門記」や、前九年の役を描いた「陸奥話記」も収録されています。

タイトルor画像↓をクリックすると詳細が表示されます。
新編日本古典文学全集 41

------------------------------------------------------------------------------------

〈現代語訳〉


平家においては小松殿平重盛が、心も強く、智略に長けていらっしゃったが、平家の運命も終わりに近づいたのであろうか、去年の8月になくなられた。今は源氏平氏の中で、あなた程の将軍の相を持っている人はいない。はやく謀反を起こして、日本国を従えなさってください。兵衛のすけ、源頼朝は「思いも寄らないことをおっしゃるお房様であるなあ。私は亡くなった池の禅尼に生きる甲斐もないこの命を助けられ申し上げましたので、毎日、法華経一部を読むこと以外、他の事はしない。」


文覚が重ねて申したことは、「天のあたえた物を取らないと、かえってその罪を受ける。好機が到来しているのに行動を起こさなければ、かえってその災いを受けるという言葉がある。このように申し上げると、あなたは私があなたの心を試そうとして申し上げているように思いなさるか。私があなたに情熱を深く寄せているその証拠を見なさってください。」と、ふところから白い布に包んだドクロをひとつ取り出した。頼朝が「それは何か」とおっしゃったので、これこそあなたの亡き父、源義朝(よしとも)様のしゃれこうべであるよ。平治の乱の後に、獄舎の前の苔の下に埋もれていて、冥福を祈るものもいなかったのだが、私文覚は考えることがあって、獄舎の番人に願って手に入れて、この10年間首にかけて、山や寺を拝み回って、弔い申し上げたので、あなたの父義朝はあの世での長い苦しみを免れなさっているだろう。だから私文覚はあなたの亡き父にとっても奉公のものでございますよ。」と申したので、頼朝は本当に父の髑髏とは疑わしいと思ったが、父の髑髏だと聞いたその懐かしさにともかくも涙を流された。その後は打ち解けて語りあうことをしなさった。



posted by manabiyah at 00:00| 平家物語過去分 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする