「平家物語」各場面の原文朗読・現代語訳・解説の音声ファイルを公開しています。
全て無料でダウンロード可能です。
オススメの使い方は→こちらをご参照ください。

2014年01月03日

10分でわかる「平家物語」巻十一「能登殿最期」(海に入りながらも助けられ、源氏にとらえられた建礼門院徳子や、宗盛親子)



↑「平家物語」原文の朗読・現代語訳・解説の音声ファイルです。
再生ボタンをクリックして聴くことができます。(各回10分程度)
右端のDLボタンからダウンロードしてiPodなどに入れて、
繰り返し聴くこともできます。(ページ下に全訳あり。)

女院はこの御ありさまを御らんじて、御やき石、御硯、左右の御ふところに入れて、海へいらせ給ひたりけるを、渡辺党に源五馬允眤、誰とは知りたてまつらねども、御ぐしを熊手にかけて引きあげたてまつる。女房達「あなあさまし。あれは女院にてわたらせ給ふぞ」と、声々口々に申されければ、判官に申して、いそぎ御所の御舟へわたしたてまつる。


大納言の佐殿は、内侍所の御唐櫃をもッて、海へ入らんとし給ひけるが袴のすそをふなばたに射つけられ、けまとひてたふれ給ひたりけるを、つはものどもとりとどめたてまつる。さて武士ども内侍所の鎖ねぢきッて、すでに御蓋をひらかんとすれば、たちまちに目くれ、鼻血たる。平大納言いけどりにせられておはしけるが、「あれは内侍所のわたらせ給ふぞ。凡夫は見たてまつらぬ事ぞ」とのたまへば、兵共みなのきにけり。其後判官、平大納言に申しあはせて、もとのごとくからげおさめたてまつる。


さる程に、平中納言教盛卿、修理大夫経盛兄弟、鎧の上にいかりををひ、手をとりくんで、海へぞ入り給ひける。小松の新三位中将資盛、同少将有盛、いとこの左馬頭行盛、手に手をとりくんで一所にしづみ給ひけり。人々はかやうにし給へども、大臣殿親子は海に入らんずるけしきもおはせず、ふなばたに立ちいでて四方見めぐらし、あきれたる様にておはしけるを、侍どもあまりの心うさに、とほるやうにて、大臣殿を海へつき入たてまつる。右衛門督これを見て、やがてとび入り給ひけり。みな人は重き鎧の上に、重き物を負うたりい抱いたりして入ればこそしづめ、この人親子はさもし給はぬ上、なまじひにくッきやうの水練にておはしければ、しづみもやり給はず。


平家物語連続講義のこれまでの内容を物語の展開順にまとめました。
「平家物語連続講義放送リスト」
------------------------------------------------------------------------------------
【アイテム紹介】「平家物語」の舞台となった土地を旅してみるのも、なかなか良いものです。京都はもちろん、厳島神社、屋島、壇の浦等々。物語の登場人物達が生きていたその場所を自分の目で確かめること。これには大きな感動や発見があります。

ちなみにこれは壇の浦を旅した時の写真。下関駅前の地下道のタイル。徳子が熊手で引き上げられる図。
tokuko.JPG


これは観光案内の地図に乗っていた二位の尼と安徳天皇のイラスト。…いや、あなたたちにenjoyと言われても…。
enjoy.JPG



平家物語ゆかりの土地を訪れるガイドとして役立つ本を紹介します。
書名or表紙画像↓をクリックすると詳細が表示されます。
平家物語 (物語の舞台を歩く)



「平家物語」の舞台を歩く―真説・平清盛


ちなみに僕もいろいろな平家物語関連の名所を旅していますが、ホテルの予約などでは「じゃらんnet」を使って検索しています。当日予約や限定プラン、航空券や、新幹線と宿泊のセットのプランなどもあります。リッチな温泉旅館からビジネスホテルまで 目的に合わせて検索できて便利です。→「じゃらんnet
------------------------------------------------------------------------------------

〈現代語訳〉


建礼門院徳子はこのご様子をご覧になって、焼き石、硯などを左右のふところに入れて海にお入りになったが、渡辺党の源五馬允眤は飛びこんだのが誰かは知り申しあげなかったが、徳子の髪の毛を熊手でひっかけて引き上げ申し上げた。女房たちが「ああひどい、あれは建礼門院様でいらっしゃるよ」と声々口々に申されたので、眤は義経に申し上げて、すぐに御所の舟へと移しもうしあげた。


大納言のすけ殿は、八咫鏡(やたのかがみ)の入った中国風のひつを持って、海へ入ろうとしなさったが、はかまのすそを矢で船端に射つけられて足がもつれて倒れなさったところを、源氏の武士たちがとどめもうしあげた。そして武士達がその容れ物のくさりをねじきって、いまにもふたを開こうとすると、武士達はたちまち目がくらんで鼻血がたれた。平大納言時忠は生け捕りにされておられたのだが、「それは八咫鏡であらせられるぞ。並の者は見申し上げてはいけない。」とおっしゃったので、武士達はみな立ち退いた。その後、義経は時忠と相談しもうしあげて、鏡をもとのように、ひつにおさめ申し上げた。


そのあいだに、平教盛、経盛兄弟は鎧の上に碇を背負って、手をとりあって海にお入りになった。重盛の子であった資盛と有盛といとこの行盛も手を手にとりあっていっしょにしずみなさった。人々はこのように海に沈みなさったが、宗盛親子は海に入ろうとする様子もおありでなく、舟の端のところに立って出て四方を見渡して、呆然とした様子でいらっしゃったのを、侍たちはあまりの情けなさに、側を通るふりをして、宗盛を海へ突き落とし申し上げた。息子である清宗はこれを見て、すぐに自ら海にとびこみなさった。皆は重い鎧の上に重いものを背負ったり抱いたりして入ったからその身も沈んだろうが、なまじ、極めてすぐれた水泳の達人でいらっしゃったので、沈みなさらなかった。

posted by manabiyah at 01:39| 平家物語過去分 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする