「平家物語」各場面の原文朗読・現代語訳・解説の音声ファイルを公開しています。
全て無料でダウンロード可能です。
オススメの使い方は→こちらをご参照ください。

2014年08月21日

「新・平家物語連続講義」が始まります。

2014年8月14日(木)の「学びYah!」の放送で、
2010年9月から4年間に渡って放送してきた、
「平家物語連続講義」が終了しました。
全200回。過去のアーカイブがここにまとめてあります。
http://www.geocities.jp/asamidays/yahyah.html

そして9月からの新企画は、
「新・平家物語連続講義」です。

「平家物語の新しい講義」ではなく、
吉川英治「新・平家物語」の連続講義です!

各回10分程度。
「新・平家物語」の重要場面をピックアップして、
朗読し、解説を加えます。

もちろん「新・平家」は古文ではなく、
現代語で書かれた小説ですが、
この講義では当時の時代背景の解説や、
古典平家の対照というような視点でも解説していきます。

「現代語で書かれた作品を通じて、
古文の世界を学ぶことができる講座」。
そういう意味では、これまでよりも、
さらに門戸の広いコンテンツとなると思います。

吉川英治の作品は作者の没後50年経って、
著作権保護期間が終了しています。
今後、吉川英治の生み出した作品群は、
作者ご本人や家族の皆様の手を離れて、
われわれ日本人の共有する「古典」となっていくはずです。

古典「平家物語」には様々な異本(ヴァージョン違い)が存在します。
本によって同じ場面でも全く描写が異なっていたり、
ある本に入っている場面が、ある本には無いなどということがあります。

この先500年とか1000年後には、
吉川英治「新・平家物語」が、
「延慶本」とか「源平盛衰記」と並んで、
「平家物語」の異本の一つのようになっているのでは?
と僕は思っています。

また「現代の日本人の古典受容」において、
吉川英治の果たしている役割はかなり大きいのですが、
「大衆作家」という範疇に括られてしまっているが故に、
その「研究」は、先行するものがあまり多くありません。
だからこそ自分がやる価値があるとも思っています。

というわけで、
「古文に抵抗感のある皆様でも、
ラジオドラマみたいな感じで気軽に聴きながら、
ちょっと教養深めたりできる番組」となる、

9月からの「学びYah!」を、
今後ともよろしくお願いします!


*この講座の朗読部分に使用する原文は、講談社発行の「吉川英治歴史時代文庫」に収録されているものを使用しています。


新・平家物語(一) (吉川英治歴史時代文庫)



なお「新・平家物語」は電子書籍でも購入ができます。iPadやkindleを使っている方は、こちらもオススメ。

格安です。

ラベル:吉川英治
posted by manabiyah at 00:27| 新平家物語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする