「平家物語」各場面の原文朗読・現代語訳・解説の音声ファイルを公開しています。
全て無料でダウンロード可能です。
オススメの使い方は→こちらをご参照ください。

2014年09月12日

「新・平家物語」第2回「ちげぐさの巻(わんわん市場・胎児清盛)」母の過去の素性を知った清盛は木工助家貞にむかって涙を流す


↑吉川英治「新・平家物語」の朗読・解説の音声ファイルです。
再生ボタンをクリックして聴くことができます。(各回10分程度)
右端のDLボタンからダウンロードしてiPodなどに入れて、
繰り返し聴くこともできます。


・借金の相手として登場する清盛の伯父平忠正は後に、清盛と保元の乱において対立する立場に立つ。
・塩小路の「わんわん市場」の様子には戦後日本の各地で見られた闇市の光景が重ねられているも言われる。
・吉川英治は「読者は小説をかりて、自分自身を読んでいる」と述べていた。
・白河院は天皇であった1086年に、幼少の堀河天皇に譲位した後、天皇を後見しながら政治の実権をにぎり続ける院政を行った。


【語注】
露命(ろめい)=露のようにはかない命。
たつき=生活の手段、生計。
嬌笑(きょうしょう)=女性のなまめかしい笑い。
狷介(けんかい)=頑固で他人に心を開こうとしないこと。
知悉(ちしつ)=細かい点まで知り尽くすこと。


「新・平家物語連続講義」これまでの放送分です→「新・平家物語連続講義放送リスト」


*この講座の朗読部分に使用する原文は、講談社発行の「吉川英治歴史時代文庫」に収録されているものを使用しています。


新・平家物語(一) (吉川英治歴史時代文庫)


なお「新・平家物語」は電子書籍でも購入ができます。iPadやkindleを使っている方は、こちらもオススメ。

格安です。



これまで放送した古典「平家物語」の連続講義の音声ファイルのリストです。
↓全200回分を無料で聴くことができます。
「平家物語連続講義放送リスト」


posted by manabiyah at 08:14| 新平家物語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする