「平家物語」各場面の原文朗読・現代語訳・解説の音声ファイルを公開しています。
全て無料でダウンロード可能です。
オススメの使い方は→こちらをご参照ください。

2014年10月31日

「新・平家物語」第9回「ちげぐさの巻(地下人さかもり)」忠盛は馬を売った金で酒を買い、家の子郎党たちをねぎらう


↑吉川英治「新・平家物語」の朗読・解説の音声ファイルです。再生ボタンをクリックして聴くことができます。(各回10分程度)右端のDLボタンからダウンロードしてiPodなどに入れて、繰り返し聴くこともできます。

・死をもって夫への貞操を守った袈裟ノ前の行為は京中のうわさとなる。
・遠藤盛遠の行為によって武者所の所司であった忠盛へも厳しい目が注がれる。
・盛遠の行方はわからないまま、院宣が発せられ、捜査は終了する。
・忠盛は大切な馬を売って清盛に酒を買わせ、家の子郎党をねぎらう。
・地下人たちの酒盛りの場面は、1955年に公開された映画「新・平家物語」でも描かれている。

【語注】
奔命(ほんめい)=いそがしく活動すること。
痴愚(ちぐ)=愚かなこと。また、その人。
同勢(どうぜい)=連れ立って行動している人々。
博労(ばくろう)=牛馬の良否を見分けることに巧みな人。伯楽。
怒色(どしょく)=怒りの表情。
佞官(ねいかん)=口先巧みに従順を装いつつ、心の中はねじけている官吏。
昂然(こうぜん)=自信に満ちて、意気盛んなさま。

「新・平家物語連続講義」これまでの放送分です→「新・平家物語連続講義放送リスト」

*この講座の朗読部分に使用する原文は、講談社発行の「吉川英治歴史時代文庫」に収録されているものを使用しています。



なお「新・平家物語」は電子書籍でも購入ができます。iPadやkindleを使っている方は、こちらもオススメ。

格安です。



これまで放送した古典「平家物語」の連続講義の音声ファイルのリストです。
↓全200回分を無料で聴くことができます。
「平家物語連続講義放送リスト」


posted by manabiyah at 08:48| 新平家物語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする