「平家物語」各場面の原文朗読・現代語訳・解説の音声ファイルを公開しています。
全て無料でダウンロード可能です。
オススメの使い方は→こちらをご参照ください。

2015年01月23日

「新・平家物語」第19回「九重の巻(悪左府)」左大臣藤原頼長は清盛の処分について厳しい意見を述べる



↑吉川英治「新・平家物語」の朗読・解説の音声ファイルです。再生ボタンをクリックして聴くことができます。(各回10分程度)右端のDLボタンからダウンロードしてiPodなどに入れて、繰り返し聴くこともできます。

・鳥羽院では毎日のように清盛の処分について評議が行われる。
・藤原頼長は、綱紀を粛正し、非常に厳しい性格で、悪左府と称された。
・頼長は、清盛の処分について厳しい姿勢を見せる。
・少納言信西は清盛を弁護。清盛は「贖銅(しょくどう)」という軽い罰金刑で済まされる。
・信西の日記「本朝世紀」には、祇園乱闘事件を経たのち、比叡山に内紛があったことが記録されている。

【語注】
狷介(けんかい)=頑固で自分の信じるところを固く守って、他人に心を開こうとしないこと
驕慢(きょうまん)=おごり高ぶり人を見下し、勝手なことをすること
反駁(はんばく)=他人の主張や批判を論じ返すこと
不逞(ふてい)=勝手気ままに振る舞うこと
満酔(まんすい)=泥酔、深く酔うこと

「新・平家物語連続講義」これまでの放送分です→「新・平家物語連続講義放送リスト」

*この講座の朗読部分に使用する原文は、講談社発行の「吉川英治歴史時代文庫」に収録されているものを使用しています。



なお「新・平家物語」は電子書籍でも購入ができます。iPadやkindleを使っている方は、こちらもオススメ。

格安です。



これまで放送した古典「平家物語」の連続講義の音声ファイルのリストです。
↓全200回分を無料で聴くことができます。
「平家物語連続講義放送リスト」


posted by manabiyah at 08:04| 新平家物語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする