「平家物語」各場面の原文朗読・現代語訳・解説の音声ファイルを公開しています。
全て無料でダウンロード可能です。
オススメの使い方は→こちらをご参照ください。

2015年04月03日

「新・平家物語」第29回「ほげんの巻(為朝・加茂川濁水記)」鎮西八郎為朝は、悪左府頼長に対して、夜討ちを進言



↑吉川英治「新・平家物語」の朗読・解説の音声ファイルです。再生ボタンをクリックして聴くことができます。(各回10分程度)右端のDLボタンからダウンロードしてiPodなどに入れて、繰り返し聴くこともできます。

・源ノ為義が、子息六人と族党二百人を連れて、崇徳上皇側の陣営に現れる。
・為義の連れていた息子のうちの一人が、鎮西八郎為朝。
・悪左府頼長は、この為朝に、この戦いに勝つべく戦略について相談を持ちかける。
・悪左府頼長は為朝からの夜討ちの進言を、あっさりと却下してしまう。

【語注】
腹蔵(ふくぞう)=本心を隠して表に出さないこと
寡兵(かへい)= 兵の少ないこと
御座所(おましどころ)=天皇や貴人の居室
乾坤(けんこん)の一擲(いってき)=運を天にまかせて、のるかそるかの大勝負をすること
四更(しこう)=午前二時頃
跫音(きょうおん)=あしおと
鼻(はな)ぐすり=わいろ

「新・平家物語連続講義」これまでの放送分です→「新・平家物語連続講義放送リスト」

*この講座の朗読部分に使用する原文は、講談社発行の「吉川英治歴史時代文庫」に収録されているものを使用しています。


なお「新・平家物語」は電子書籍でも購入ができます。iPadやkindleを使っている方は、こちらもオススメ。

格安です。



これまで放送した古典「平家物語」の連続講義の音声ファイルのリストです。
↓全200回分を無料で聴くことができます。
「平家物語連続講義放送リスト」


posted by manabiyah at 06:59| 新平家物語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする