「平家物語」各場面の原文朗読・現代語訳・解説の音声ファイルを公開しています。
全て無料でダウンロード可能です。
オススメの使い方は→こちらをご参照ください。

2014年08月16日

2014年・平家物語を巡る旅2(鞍馬で危うく遭難?)

2日目(16日)は、義経ゆかりの鞍馬寺へ。
まずは京都新阪急ホテルで朝食。
53.JPG
京都駅前からバスで出町柳へ、
そこから叡山電鉄で鞍馬駅へ。
55.JPG

56.JPG

実は、この日は、鞍馬寺から貴船神社まで赴いて、
川床料理を食べる予定で、
お店に予約をしていたのだが、
お店の方から「雨で川が増水して川床が使えない」
という連絡をもらった。
その時点では、まあ他の店を探すのも面倒だから、
屋内で食事でいいやと思っていたのだが…。

とりあえず鞍馬駅に到着。
59.JPG


平治の乱で父源義朝が敗れて、
義朝の子、牛若丸(義経)は、
この鞍馬に預けられることとなる。
そんな鞍馬寺に到着。
60.JPG

歩き出すも、結構傾斜がキツイ。
61.JPG
さらに降り出す激しい雨。そして雷。

かなり激しい。
なかなかハードな感じになって来た。

義経の供養塔。
62.JPG

63.JPG

つづら折りの坂道をのぼっていくのだが、
とにかく雨が尋常でない。雷も。

かろうじて鞍馬寺本殿金堂に着く。
たくさんの人が雨宿り中。
64.JPG

65.JPG

雨が降り続く。
67.JPG

短時間だけ弱まったり、
休止することはあっても、
またすぐに豪雨になる。

本当はこの先の木の根道とか奥の院を過ぎて、
貴船神社まで歩いていく予定だったが、
天候が実にヤバい雰囲気だったので、
ここで断念。
(今になって思うと、
かなり賢明な判断だった。)

いったん鞍馬駅にもどって、電車で貴船に行くことにした。

で、帰路は鞍馬駅までケーブルカーに乗ろうと思い乗り場へ。
だが、乗り場に行くと乗車待ちの人の列がすごい。
しばらく待っても列が延びるばかりで、
ケーブルカーが来ない。

なんと落雷を避けるために、電源を切っているとのこと。

状況的に運転再開の見込みは不明。
もう、待っているのも面倒なので、
徒歩で豪雨の中を駅まで歩く。

72.JPG

やっとのことで、鞍馬駅に着くと、
鞍馬駅も長蛇の人の列。
なんと叡山電車も雨で線路が冠水して運転中止。
もう、貴船に行くのは断念。
お店にはキャンセルの電話を入れる。

とりあえず栄養補給。
豪雨の中で山道を歩いて、
身体も弱っているので、
何はさておき昼食。

食べないと死ぬぞ!
バス停近くの店で「うなとろ丼」。
73.JPG

食事を終えて、唯一動いていたバスに乗る。
バスも超満員。乗り切れない人もいるくらいの長蛇の列&すし詰め。
でも何とかやっと山から脱出。地下鉄烏丸線国際会館前駅に到着。
74.JPG

そこから地下鉄で宿泊予定のホテルへ。
ようやく雨で濡れた服を着替えることができた。

ニュースによると、
16日の京都は災害レベルのものすごい雨だったようだ。
80.JPG

84.JPG

86.JPG

どこかで判断間違えていたら、山の中で遭難したかも。
途中で帰ってきて良かった!

とりあえずホテルに辿り着けて一安心。(続く)

posted by manabiyah at 00:00| 平家物語を巡る旅 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする