「平家物語」各場面の原文朗読・現代語訳・解説の音声ファイルを公開しています。
全て無料でダウンロード可能です。
オススメの使い方は→こちらをご参照ください。

2015年06月12日

「新・平家物語」第38回「ほげんの巻(深草謀議)」信西入道の独裁政治ぶりに反発する人々が集まり謀議を行う



↑吉川英治「新・平家物語」の朗読・解説の音声ファイルです。再生ボタンをクリックして聴くことができます。(各回10分程度)右端のDLボタンからダウンロードしてiPodなどに入れて、繰り返し聴くこともできます。

・保元の乱から三年、皇居の大造営、宮中の雅楽部や舞姫の養成所の復興がされる。
・後白河天皇は譲位し、二条天皇が即位して、年号も平治と改められた。
・権中納言信頼の深草の別荘で、信西入道の独裁政治ぶりに反発する人々の謀議が行われる。
・平清盛の熊野詣での間に信西を討つ計画がにわかに動き出す。
・「平治物語」には信西入道が後白河上皇に絵巻を贈り、信頼への寵愛ぶりを諌めるエピソードが載っている。

【語注】
枚挙(まいきょ)にいとまがない=数え上げるときりが無い
仮借(かしゃく)= 許すこと、見逃すこと
献言(けんげん)= 主君や目上の人に意見を申し上げること
大声疾呼(たいせいしっこ)=大声で盛んに叫びたてること
寂寥(せきりょう)=心が満ち足りず、もの寂しいこと
首尾(しゅび)=物事がうまくまとまるように処理すること
怒罵(どば)=怒りののしること
大奸(たいかん)=大変な悪だくみをする人
知己(ちき)=自分のことをよく理解してくれている人

「新・平家物語連続講義」これまでの放送分です→「新・平家物語連続講義放送リスト」

*この講座の朗読部分に使用する原文は、講談社発行の「吉川英治歴史時代文庫」に収録されているものを使用しています。



なお「新・平家物語」は電子書籍でも購入ができます。iPadやkindleを使っている方は、こちらもオススメ。

格安です。



これまで放送した古典「平家物語」の連続講義の音声ファイルのリストです。
↓全200回分を無料で聴くことができます。
「平家物語連続講義放送リスト」


posted by manabiyah at 08:19| 新平家物語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする