「平家物語」各場面の原文朗読・現代語訳・解説の音声ファイルを公開しています。
全て無料でダウンロード可能です。
オススメの使い方は→こちらをご参照ください。

2015年06月26日

「新・平家物語」第40回「六波羅行幸の巻(商人胸暦・不知火)」三条烏丸にある後白河上皇の御所が、甲冑の兵や、騎馬の諸将に囲まれる



↑吉川英治「新・平家物語」の朗読・解説の音声ファイルです。再生ボタンをクリックして聴くことができます。(各回10分程度)右端のDLボタンからダウンロードしてiPodなどに入れて、繰り返し聴くこともできます。

・朱鼻(=五条ノ伴卜)は内裏や女院の御用商人。五条坊門に大きな店家を構えていた。
・夕顔ノ三位経宗は、朱鼻に、武力の要となる源氏との密会の場を提供させた。
・朱鼻のモデルは、 平家の御用商人だった五条ノ邦綱(くにつな)。
・三条烏丸にある後白河上皇の御所は、甲冑の兵や、騎馬の諸将に囲まれる。
・信頼たちは、後白河上皇の妹である上西門院とともに、上皇を車に乗せて、内裏へと連れていく。

【語注】
販夫(ひさぎ)・販女(ひさぎめ)=行商人
紙燭(ししょく)= 室内用の照明具、持つ部分に紙を巻く
逆鱗(げきりん)= 天子のお怒り
聖上(せいじょう)=天子、ここでは二条天皇
讒(ざん)=他人をおとしいれようとして、事実を 曲げて言いつけること


「新・平家物語連続講義」これまでの放送分です→「新・平家物語連続講義放送リスト」

*この講座の朗読部分に使用する原文は、講談社発行の「吉川英治歴史時代文庫」に収録されているものを使用しています。



なお「新・平家物語」は電子書籍でも購入ができます。iPadやkindleを使っている方は、こちらもオススメ。

格安です。



これまで放送した古典「平家物語」の連続講義の音声ファイルのリストです。
↓全200回分を無料で聴くことができます。
「平家物語連続講義放送リスト」


posted by manabiyah at 07:52| 新平家物語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする