「平家物語」各場面の原文朗読・現代語訳・解説の音声ファイルを公開しています。
全て無料でダウンロード可能です。
オススメの使い方は→こちらをご参照ください。

2015年08月14日

「新・平家物語」第47回「六波羅行幸の巻(逆さ兜の事)」川を越えて攻め寄せる源氏軍に立ち向かう清盛は、なぜか兜を逆さにかぶる



↑吉川英治「新・平家物語」の朗読・解説の音声ファイルです。再生ボタンをクリックして聴くことができます。(各回10分程度)右端のDLボタンからダウンロードしてiPodなどに入れて、繰り返し聴くこともできます。

・重盛の始め平家陣営は、逃げの姿勢を見せ、源氏は大将である義朝を始め、駒を揃えて追撃。
・源氏の軍勢を内裏の外におびきよせて、そのすきに皇居の中に入りこむという作戦。
・六波羅の平家陣営では、義朝が対岸に迫って来たのを見て、五条大橋の一部を壊して応戦。
・押され気味な空気の中、六波羅の平家陣営では二条天皇の姿が見えなくなる。
・清盛が兜を逆さに被ってしまうエピソードの有無は「平治物語」は写本によって違いがある。
【語注】
旌旗(せいき)=はた、のぼり
粛然(しゅくぜん)= 物音も聞こえず静かなさま、静かで行儀正しいさま
名(な)を惜(お)しむ= 名声・名誉が失われるのをおそれる
叱言(こごと)= 小言、咎めたり非難したりする言葉
燕雀(えんじゃく)=ツバメとスズメ、小鳥のように度量の小さい人物
大鵬(おおとり)=想像上の大鳥、大人物・賢者のたとえ


「新・平家物語連続講義」これまでの放送分です→「新・平家物語連続講義放送リスト」

*この講座の朗読部分に使用する原文は、講談社発行の「吉川英治歴史時代文庫」に収録されているものを使用しています。



なお「新・平家物語」は電子書籍でも購入ができます。iPadやkindleを使っている方は、こちらもオススメ。

格安です。



これまで放送した古典「平家物語」の連続講義の音声ファイルのリストです。
↓全200回分を無料で聴くことができます。
「平家物語連続講義放送リスト」


posted by manabiyah at 08:01| 新平家物語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする