「平家物語」各場面の原文朗読・現代語訳・解説の音声ファイルを公開しています。
全て無料でダウンロード可能です。
オススメの使い方は→こちらをご参照ください。

2015年10月16日

「新・平家物語」第54回「六波羅行幸の巻(女ぐるま)(続常盤艸子)」常磐は六波羅へと連れていかれ、清盛による糾問が行われる



↑吉川英治「新・平家物語」の朗読・解説の音声ファイルです。再生ボタンをクリックして聴くことができます。(各回10分程度)右端のDLボタンからダウンロードしてiPodなどに入れて、繰り返し聴くこともできます。

・常磐の伯父は六波羅に常磐らを差し出すために訴え出るが自分が捕えられる。
・常磐は伯父のいないすきを見て、かつて自分が働いていた九条院へと向かう。
・清盛の命を受けた伊藤五景綱は九条院を訪れる。
・常磐への糾問から十数日後、先に捕えられていた頼朝の助命が発表される。
・さらに数日を経てのち、常磐とその子らへの赦免が触れ出される。

【語注】
供待(ともまち)=家の門口辺りにある、来客の供人を待たせておく所
湯浴(ゆあ)み=風呂に入ること
櫛笥(くしげ)=櫛や化粧道具を入れておく箱
円座(えんざ)=渦巻き形に、まるく編んだ敷物。
女臈(めろう)=女をののしっていう語



「新・平家物語連続講義」これまでの放送分です→「新・平家物語連続講義放送リスト」

*この講座の朗読部分に使用する原文は、講談社発行の「吉川英治歴史時代文庫」に収録されているものを使用しています。




なお「新・平家物語」は電子書籍でも購入ができます。iPadやkindleを使っている方は、こちらもオススメ。

格安です。



これまで放送した古典「平家物語」の連続講義の音声ファイルのリストです。
↓全200回分を無料で聴くことができます。
「平家物語連続講義放送リスト」


posted by manabiyah at 08:51| 新平家物語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする