「平家物語」各場面の原文朗読・現代語訳・解説の音声ファイルを公開しています。
全て無料でダウンロード可能です。
オススメの使い方は→こちらをご参照ください。

2015年12月18日

「新・平家物語」第63回「常磐木の巻(歌法師)(いずち昔の人行きにけん)」戦乱の間、諸国を行脚していた西行が都へ戻る



↑吉川英治「新・平家物語」の朗読・解説の音声ファイルです。再生ボタンをクリックして聴くことができます。(各回10分程度)右端のDLボタンからダウンロードしてiPodなどに入れて、繰り返し聴くこともできます。

・西行は諸国を行脚する日々を送っていた。
・西行は弟子の西住と天龍川の岸で袂を分かつこととなった。
・西住は都での再会を約束して西行のもとを去り西行はひとりで旅を続ける。
・京に戻った西行はかつて主としたこともある徳大寺公能の家を訪れる。
・ちょうど貴人の客の訪問を受けていた公能。

【語注】
同勢(どうぜい)=一緒に連れ立って行く人々
如才(じょさい)ない=気がきいていて、抜かりがない
行脚(あんぎゃ)=僧が修行のために諸国を歩きまわること
家従(かじゅう)=家臣
供待(ともまち)=家の門口辺りにある、来客の供人を待たせておく所



「新・平家物語連続講義」これまでの放送分です→「新・平家物語連続講義放送リスト」

*この講座の朗読部分に使用する原文は、講談社発行の「吉川英治歴史時代文庫」に収録されているものを使用しています。



なお「新・平家物語」は電子書籍でも購入ができます。iPadやkindleを使っている方は、こちらもオススメ。

格安です。



これまで放送した古典「平家物語」の連続講義の音声ファイルのリストです。
↓全200回分を無料で聴くことができます。
「平家物語連続講義放送リスト」



posted by manabiyah at 08:59| 新平家物語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする