「平家物語」各場面の原文朗読・現代語訳・解説の音声ファイルを公開しています。
全て無料でダウンロード可能です。
オススメの使い方は→こちらをご参照ください。

2016年02月05日

「新・平家物語」第68回「常磐木の巻(簪)(にらめっこ)」麻鳥は、人買いの朽縄に執拗に狙われる明日香を守ろうとする



↑吉川英治「新・平家物語」の朗読・解説の音声ファイルです。再生ボタンをクリックして聴くことができます。(各回10分程度)右端のDLボタンからダウンロードしてiPodなどに入れて、繰り返し聴くこともできます。

・麻鳥は文覚の紹介で、医師・和気百川に入門し、医学の勉強に励んでいた。
・明日香は人買いの朽縄に連れ出されようとした所を、麻鳥が救い出した少女。
・人買い朽縄は、借金のカタに明日香を白拍子にしようとしていた。
・常磐に仕えていた蓬子は、常磐が藤原長成と再婚したのを機会に町へ住む。
・蓬子と、明日香は、麻鳥を間に挟んで、にらみあう状態となる。

【語注】
巾子(こじ)= 冠の頂上後部に高く突き出ている部分
のべつ=ひっきりなしに
家従(かじゅう)=家臣、家来
舐(ねぶ)る=舌先で物をなめる、しゃぶる
かぶりを振る=頭を左右に振って否定・不承知の意を表す



「新・平家物語連続講義」これまでの放送分です→「新・平家物語連続講義放送リスト」

*この講座の朗読部分に使用する原文は、講談社発行の「吉川英治歴史時代文庫」に収録されているものを使用しています。



なお「新・平家物語」は電子書籍でも購入ができます。iPadやkindleを使っている方は、こちらもオススメ。

格安です。



これまで放送した古典「平家物語」の連続講義の音声ファイルのリストです。
↓全200回分を無料で聴くことができます。
「平家物語連続講義放送リスト」


posted by manabiyah at 08:13| 新平家物語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする