「平家物語」各場面の原文朗読・現代語訳・解説の音声ファイルを公開しています。
全て無料でダウンロード可能です。
オススメの使い方は→こちらをご参照ください。

2016年03月04日

「新・平家物語」第72回「石船の巻(額打論)」二条天皇の葬儀の場で、興福寺と延暦寺の僧たちが争う



↑吉川英治「新・平家物語」の朗読・解説の音声ファイルです。再生ボタンをクリックして聴くことができます。(各回10分程度)右端のDLボタンからダウンロードしてiPodなどに入れて、繰り返し聴くこともできます。

・平忠度は、二条天皇の葬儀の行われている船岡山周囲の警護を勤める。
・二条天皇の葬儀に際して、額打論と呼ばれる、もめごとが起こる。
・天皇の遺体が葬られる際の作法として寺の額(立て札)を陵墓の周りにかける 。
・二条天皇の葬儀の際、延暦寺は、二番目であるべき興福寺よりも先に額をかけてしまった。
・延暦寺(山門)の振舞に対して、当然、南都・興福寺の僧たちは激怒した。

【語注】
驟雨(しゅうう)= にわか雨
炬火(きょか)=たいまつ、かがり火
台密禅戒(たいみつぜんかい)=天台・密教・禅・戒律
普天(ふてん)の下(もと)=全世界
霊輦(れいれん)=天皇の柩を載せた輿
素服(そふく)=喪服
囲繞(いにょう)= とりかこむこと
咫尺(しせき)=貴人の前近くに出て拝謁すること
御陵(みささぎ)=天皇・皇后などの墓所
堵列(とれつ)=大勢の人が垣のように横に並んで立つこと

「新・平家物語連続講義」これまでの放送分です→「新・平家物語連続講義放送リスト」


*この講座の朗読部分に使用する原文は、講談社発行の「吉川英治歴史時代文庫」に収録されているものを使用しています。



なお「新・平家物語」は電子書籍でも購入ができます。iPadやkindleを使っている方は、こちらもオススメ。

格安です。



これまで放送した古典「平家物語」の連続講義の音声ファイルのリストです。
↓全200回分を無料で聴くことができます。
「平家物語連続講義放送リスト」


posted by manabiyah at 08:47| 新平家物語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする