「平家物語」各場面の原文朗読・現代語訳・解説の音声ファイルを公開しています。
全て無料でダウンロード可能です。
オススメの使い方は→こちらをご参照ください。

2016年03月08日

一の谷平家物語を巡る旅(その2〜願成寺・明泉寺・鵯越駅)

さて、三宮から神戸市営地下鉄に乗って、湊川公園駅へ。


iti-27.JPG
「願成寺」にある平通盛と小宰相の比翼塚を訪れる。
iti-29.JPG

一の谷の戦いで命を落とした通盛の死が、正妻であった小宰相に伝えらると、
小宰相は通盛の子を身ごもっていながらも、通盛のいないこの世に絶望し、
ついに船の上から海へと身を投げてしまったという悲劇。

そしてその後、さらに神戸電鉄で長田駅へ。
iti-30.JPG
しばらく歩いて辿り着いたのが「明泉寺」。
iti-31.JPG
寺の由来が書かれている。
iti-32.JPG
この「明泉寺合戦」というのが、
あの「鵯越の坂落とし」とも大きく関わるところ。
吉川英治「新・平家物語」ひよどり越えの巻に詳しい。

このお寺の中に、生田の戦いで、
父である新中納言・平知盛(とももり)を助けるために命を落とした、
平知章(ともあきら)の墓がある。
iti-36.JPG

「平家物語(覚一本)」では、こんなふうに書かれている。

「そのなかの大将とおぼしきもの、新中納言にくみ奉らんと馳せならべけるを、御子武蔵守知章なかにへだたり、おしならべてむずとくんでどうどおち、とッておさへて頸をかき、立ちあがらんとし給ふところに、敵が童おちあうて、武蔵守の頸をうつ。」(その敵の大将と思われるものが、新中納言知盛に組み合いもうしあげようと馬を馳せ並べたが、知盛の子である知章が間に隔たって入り、馬を並べ、むんずと組みあってどんと落ちて、とりおさえて敵の首を切って、知章が立ち上がろうとしなさるところに敵の童がおちあって、武蔵守知章の首を斬った。)
iti-35.JPG
境内には、そんな平知章を偲ぶ碑が立つ。
iti-37.JPG

iti-34.JPG

iti-33.JPG
さて、そろそろ東側の生田方面(大手)から、
西側の一の谷の陣(搦め手)へと、移動しなければ。

再び神戸電鉄長田駅に戻る。そこでふと気づく。

長田駅からわずか二駅のところに「鵯越」という駅がある…!
当初予定はしていなかったが、ここは行っておかねば。
というわけで「鵯越駅」到着。
iti-38.JPG
一の谷合戦といえば、俗にいう「鵯越えの坂落とし」が有名。
義経軍が絶壁を馬でかけおりたというあれだ。

そうなんだけど、この神戸市長田区の鵯越駅付近から、
須磨区の一の谷に駆け下りるというのは、やはり不自然。
そんなわけで、この辺りは諸説あっていろいろと問題のあるところらしい。
実際に自分で現地に来てみると、確かに問題があることはよくわかる。
とりあえず鵯越駅方面はここまでとして、次は一の谷(須磨区)方面に向かう。
posted by manabiyah at 00:56| 平家物語を巡る旅 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする