「平家物語」各場面の原文朗読・現代語訳・解説の音声ファイルを公開しています。
全て無料でダウンロード可能です。
オススメの使い方は→こちらをご参照ください。

2016年03月08日

一の谷平家物語を巡る旅(その6〜三国志ガーデン・清盛像・琵琶塚)

新長田に無事到着し、16時40分頃、
三国志ガーデンに入館。
iti-132.JPG

iti-133.JPG

なかなか良かった!
横山光輝の漫画の他にも、
小説や映画、ゲームなど三国志を元ネタにした様々なものがカバーされていて、
三国志の人気と影響の大きさを実感することができた。
iti-134.JPG
名場面の再現ジオラマなどもあった。
iti-136.JPG

iti-135.JPG
こんな塗り絵も。


出口付近の三国志クイズをやってたら、
「17時半で閉館です。」と言われて退館。

さて、これから帰りの夜行バスの出発時間(22時15分)まで、どうしようか。
どこかにいくにせよ、2台のiPhoneがともに充電切れで、
カメラが無い状態なのはよろしくない。

そんなわけで非常手段。
新長田のケーズデンキで「写ルンです」を買う。
iti-138.JPG

iti-137.JPG

うーむ。こんなものを買うのは久しぶり。
これまた懐かしい。まだ売ってて良かった。

というわけでこれ以降の写真は「写ルンです」での撮影。

さて、一の谷合戦関係の行くべきところには行ったのだが、
忘れてはならない。神戸は清盛が港を築き、都を移した「福原」の地だ。
出発までの残り時間を使って清盛関係の史跡を巡ってみることにした。

新長田から地下鉄海岸線に乗って、

中央市場で降りた。
ここから清盛の墓があるという能福寺を目指す。
だが、iPhoneが使えないのは、なかなかつらい。
特にこういう旅先ではマップのアプリが重宝するので、
多用してしまうのだけど、それがゆえにバッテリー切れしたのかも。

それでも何とか彷徨いながらようやく能福寺に到着。
もうだいぶ遅い時間になっていて寺の中に入ることはできなかったが、
iti-140.JPG
「将軍平清盛公墓所」の文字を確認することはできた。

そしてここから少し歩いたところに清盛塚&清盛像、琵琶塚がある。
これは道路に面したところに立っているので、夜でも見ることができる。

iti-141.JPG

iti-142.JPG

iti-143.JPG

清盛像と琵琶塚はなんとか写真残すことができたが、

清盛塚はうまく撮れなかった。まあ仕方ない。

時間は気がつくと19時頃。そろそろ帰りを意識しなければ。
posted by manabiyah at 09:25| 平家物語を巡る旅 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする