「平家物語」各場面の原文朗読・現代語訳・解説の音声ファイルを公開しています。
全て無料でダウンロード可能です。
オススメの使い方は→こちらをご参照ください。

2016年03月11日

「新・平家物語」第73回「石船の巻(清水寺炎上)」後白河上皇が比叡山延暦寺の僧兵たちに、平家を討たせようとしているという噂が流れる



↑吉川英治「新・平家物語」の朗読・解説の音声ファイルです。再生ボタンをクリックして聴くことができます。(各回10分程度)右端のDLボタンからダウンロードしてiPodなどに入れて、繰り返し聴くこともできます。

・比叡山と興福寺のもめ事はこのままで済まさないだろうと人々は噂する。
・平家側が故意に藤原氏の氏寺をふみにじるようなことをしたとも噂された。
・清盛は朝廷の中心となり、大納言として政治の世界で忙しく過ごしていた。
・「後白河上皇が比叡山をそそのかして清盛を討とうとしている」という情報がもたらされた。
・「後白河上皇率いる比叡山 VS 平家」という構図の戦いが起こるのか?という状況に。

【語注】
風説(ふうせつ)= 世間に広がっている噂
近習(きんじゅ)=主君のそば近くに仕える者。
奇謀(きぼう)=奇抜な計略
密諚(みつじょう)=内々の仰せ
注進(ちゅうしん)=事件を急いで目上の人に報告すること
喧伝(けんでん)=盛んに言いはやして世間に広く知らせること
囲繞(いにょう)= とりかこむこと
咫尺(しせき)=貴人の前近くに出て拝謁すること
御陵(みささぎ)=天皇・皇后などの墓所
堵列(とれつ)=大勢の人が垣のように横に並んで立つこと

「新・平家物語連続講義」これまでの放送分です→「新・平家物語連続講義放送リスト」


*この講座の朗読部分に使用する原文は、講談社発行の「吉川英治歴史時代文庫」に収録されているものを使用しています。



なお「新・平家物語」は電子書籍でも購入ができます。iPadやkindleを使っている方は、こちらもオススメ。

格安です。



これまで放送した古典「平家物語」の連続講義の音声ファイルのリストです。
↓全200回分を無料で聴くことができます。
「平家物語連続講義放送リスト」


posted by manabiyah at 09:03| 新平家物語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする