「平家物語」各場面の原文朗読・現代語訳・解説の音声ファイルを公開しています。
全て無料でダウンロード可能です。
オススメの使い方は→こちらをご参照ください。

2016年06月03日

「新・平家物語」第85回「石船の巻(九十九折)」金売り吉次の従者となった金王丸は、鞍馬を訪れて牛若と接触する



↑吉川英治「新・平家物語」の朗読・解説の音声ファイルです。再生ボタンをクリックして聴くことができます。(各回10分程度)
右端のDLボタンからダウンロードしてiPodなどに入れて、
繰り返し聴くこともできます。

・麻鳥夫婦は常磐から小さい銀の観音像を遮那王に渡すように依頼される。
・麻鳥は妻である蓬をおいて一人で鞍馬へ出発。
・市原野を歩く麻鳥はふと、一軒のあばらやを見つける。
・一癖ありそうな男達が7、8名で大声をあげて語っていた。
・彼らは逃げ出した麻鳥の足音を追いかけ、矢を射かける。
・金売りは鞍馬登山のたびに莫大な寄進をもたらす大檀家。
・その馬をひいて来たのが小若、その正体は金王丸。


【語注】
鬱蒼(うっそう)= 樹木が茂って、あたりが薄暗いさま
勤行(ごんぎょう)=仏道を修行すること
珠玉(しゅぎょく)=真珠と宝石、美しいもの、りっぱなもののたとえ
焦燥(しょうそう)=いらいらすること、あせること
一諾(いちだく)=承知して引き受けること、同意


「新・平家物語連続講義」これまでの放送分です→「新・平家物語連続講義放送リスト」

*この講座の朗読部分に使用する原文は、講談社発行の「吉川英治歴史時代文庫」に収録されているものを使用しています。



なお「新・平家物語」は電子書籍でも購入ができます。iPadやkindleを使っている方は、こちらもオススメ。

格安です。



これまで放送した古典「平家物語」の連続講義の音声ファイルのリストです。
↓全200回分を無料で聴くことができます。
「平家物語連続講義放送リスト」


posted by manabiyah at 08:48| 新平家物語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする