「平家物語」各場面の原文朗読・現代語訳・解説の音声ファイルを公開しています。
全て無料でダウンロード可能です。
オススメの使い方は→こちらをご参照ください。

2016年06月10日

「新・平家物語」第86回「みちのくの巻(天狗道場)」僧正ヶ谷の谷底、天狗のように集まった一群のもとに牛若がやって来る



↑吉川英治「新・平家物語」の朗読・解説の音声ファイルです。再生ボタンをクリックして聴くことができます。(各回10分程度)
右端のDLボタンからダウンロードしてiPodなどに入れて、
繰り返し聴くこともできます。

・鞍馬山の北西側、 貴船神社との間にある谷は僧正ヶ谷と呼ばれる。
・そこには天狗が住んでいて、近づくと祟りを受けるという伝説が伝えられていた。
・谷底ではまるで本物の天狗のように見える一群が語り合う。
・そこに現れたのが、鞍馬の遮那王、義朝の遺児である牛若。
・「義経記」巻一に平家打倒を誓い武芸の稽古に励む義経の描写がある。

【語注】
粗食粗衣(そしょくそい)= 質素な暮らし
豊頬 (ほうきょう)=ふっくらとした美しいほお
天意(てんい)=天の意志
讃嘆(さんたん)=非常に感心してほめること
狼狽(ろうばい)=思いがけない出来事に慌てふためくこと

「新・平家物語連続講義」これまでの放送分です→「新・平家物語連続講義放送リスト」

*この講座の朗読部分に使用する原文は、講談社発行の「吉川英治歴史時代文庫」に収録されているものを使用しています。



なお「新・平家物語」は電子書籍でも購入ができます。iPadやkindleを使っている方は、こちらもオススメ。

格安です。



これまで放送した古典「平家物語」の連続講義の音声ファイルのリストです。
↓全200回分を無料で聴くことができます。
「平家物語連続講義放送リスト」


posted by manabiyah at 08:31| 新平家物語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする