「平家物語」各場面の原文朗読・現代語訳・解説の音声ファイルを公開しています。
全て無料でダウンロード可能です。
オススメの使い方は→こちらをご参照ください。

2016年07月01日

「新・平家物語」第89回「みちのくの巻(吉次隠し)(花龍胆)」白拍子町の中に姿を隠した牛若は「静」という少女と出会う



↑吉川英治「新・平家物語」の朗読・解説の音声ファイルです。再生ボタンをクリックして聴くことができます。(各回10分程度)
右端のDLボタンからダウンロードしてiPodなどに入れて、
繰り返し聴くこともできます。

・金王丸と牛若は桟敷ヶ嶽を降り始める。
・追捕の目をくらますため、遠くをまわりながら少しずつ都に近づく。
・嵯峨の奥、ある草庵の前に牛車が停まっているのを目にする。
・そこはかつて清盛に愛された白拍子妓王が尼となって住んでいる家。
・この牛車こそ吉次の用意したものであった。

【語注】
嵯峨(さが)= 現在の京都府京都市右京区辺り
曠(はれ)=非日常的な場や状況
第(てい)=りっぱな家、やしき、邸宅。
髪油(かみあぶら)=整髪に使う油
白丁(はくちょう)=白い布の狩衣


「新・平家物語連続講義」これまでの放送分です→「新・平家物語連続講義放送リスト」

*この講座の朗読部分に使用する原文は、講談社発行の「吉川英治歴史時代文庫」に収録されているものを使用しています。



なお「新・平家物語」は電子書籍でも購入ができます。iPadやkindleを使っている方は、こちらもオススメ。

格安です。



これまで放送した古典「平家物語」の連続講義の音声ファイルのリストです。
↓全200回分を無料で聴くことができます。
「平家物語連続講義放送リスト」


posted by manabiyah at 08:37| 新平家物語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする