「平家物語」各場面の原文朗読・現代語訳・解説の音声ファイルを公開しています。
全て無料でダウンロード可能です。
オススメの使い方は→こちらをご参照ください。

2016年10月07日

「新・平家物語」第103回「火乃国の巻(政子)(虫の垂衣)」源頼朝と北条政子は、人目を避けながら密会を重ねる



↑吉川英治「新・平家物語」の朗読・解説の音声ファイルです。
再生ボタンをクリックして聴くことができます。(各回10分程度)
右端のDLボタンからダウンロードしてiPodなどに入れて、
繰り返し聴くこともできます。

・絵師の播磨を連れた頼朝の馬が雑木林に入っていく。
・頼朝は手紙を書き、播磨にそれを政子に渡して来るように命じる。
・頼朝は願成就院で政子を待つ。
・政子との密会を終え、頼朝は絵師播磨のもとに戻って来ると馬がいなくなっていた。
・「平家物語」で佐々木三郎盛綱が大きく取り上げられるのが、巻十「藤戸」。

【語注】
守山(もりやま)= 静岡県伊豆の国市にある山の名
今様(いまよう)=現代風
年配(ねんぱい)= 年齢のほど
嬰児(えいじ)=生まれたばかりの赤ん坊
嫡流(ちゃくりゅう)=正統の血筋

「新・平家物語連続講義」これまでの放送分です→「新・平家物語連続講義放送リスト」

*この講座の朗読部分に使用する原文は、講談社発行の「吉川英治歴史時代文庫」に収録されているものを使用しています。



なお「新・平家物語」は電子書籍でも購入ができます。iPadやkindleを使っている方は、こちらもオススメ。

格安です。



これまで放送した古典「平家物語」の連続講義の音声ファイルのリストです。
↓全200回分を無料で聴くことができます。
「平家物語連続講義放送リスト」


posted by manabiyah at 08:48| 新平家物語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする