「平家物語」各場面の原文朗読・現代語訳・解説の音声ファイルを公開しています。
全て無料でダウンロード可能です。
オススメの使い方は→こちらをご参照ください。

2016年10月21日

「新・平家物語」第105回「火乃国の巻(亀の前)(雲は遊んでいる)」盗まれた源頼朝の愛馬、青海波を巡って佐々木兄弟は苦悩する



↑吉川英治「新・平家物語」の朗読・解説の音声ファイルです。
再生ボタンをクリックして聴くことができます。(各回10分程度)
右端のDLボタンからダウンロードしてiPodなどに入れて、
繰り返し聴くこともできます。

・文覚と対面し頼朝と佐々木兄弟は帰途につく。
・彼らに向かって何者かが、小石を投げつけて来た。
・彼らは小川を越えて、頼朝主従に近づいて来た。
・彼らは佐々木盛綱が馬を取り返してきた相手の博労たちだった。
・盛俊が、頼朝の愛馬青海波を代金を払わずに取り戻したことに文句を言う博労。
・佐々木兄弟は太刀を抜いて、博労たちを追い廻す。
・翌日。佐々木兄弟は頼朝から、北条家へ手紙の使いの役を言い渡される。

【語注】
切燈台(きりとうだい)=上部に油皿をのせ火をともす照明器具で背の低いもの
壁代(かべしろ)=壁の代わりに垂らすとばり
狼藉(ろうぜき)= 乱暴な行い
口端(くちは)=うわさ
頻々(ひんぴん)=同じような事が次から次へと起こるさま

「新・平家物語連続講義」これまでの放送分です→「新・平家物語連続講義放送リスト」

*この講座の朗読部分に使用する原文は、講談社発行の「吉川英治歴史時代文庫」に収録されているものを使用しています。



なお「新・平家物語」は電子書籍でも購入ができます。iPadやkindleを使っている方は、こちらもオススメ。

格安です。



これまで放送した古典「平家物語」の連続講義の音声ファイルのリストです。
↓全200回分を無料で聴くことができます。
「平家物語連続講義放送リスト」


posted by manabiyah at 07:50| 新平家物語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする