「平家物語」各場面の原文朗読・現代語訳・解説の音声ファイルを公開しています。
全て無料でダウンロード可能です。
オススメの使い方は→こちらをご参照ください。

2016年11月25日

「新・平家物語」第110回「火乃国の巻(いつくしまの内侍)(雪ノ御所)」左大将になれなかった後徳大寺実定は、厳島神社に詣でる



↑吉川英治「新・平家物語」の朗読・解説の音声ファイルです。
再生ボタンをクリックして聴くことができます。(各回10分程度)
右端のDLボタンからダウンロードしてiPodなどに入れて、
繰り返し聴くこともできます。

・後徳大寺実定は次の左大将には自分がなるものと思い込んでいた。
・だが左大将には清盛の嫡男である小松殿平重盛が右大将から転じた。
・空いた右大将には清盛の三男にあたる平宗盛が就任した。
・左右の両大将を平家が独占するという事態になった。
・繁栄ぶりを見せる平家の世を嘆く、後徳大寺実定。
・蔵人重兼のアドバイスを受けて、実定は厳島詣でへ。

【語注】
清華(せいが)= 摂関家に次ぐ公家の名門
苦衷(くちゅう)=苦しい心のうち
催馬楽(さいばら)= 平安時代に貴族の間で盛んに歌われた声楽曲
膳部(ぜんぶ)=食膳、膳にのせて出す料理
嬌笑(きょうしょう)=女性のなまめかしい笑い

「新・平家物語連続講義」これまでの放送分です→「新・平家物語連続講義放送リスト」

*この講座の朗読部分に使用する原文は、講談社発行の「吉川英治歴史時代文庫」に収録されているものを使用しています。



なお「新・平家物語」は電子書籍でも購入ができます。iPadやkindleを使っている方は、こちらもオススメ。

格安です。



これまで放送した古典「平家物語」の連続講義の音声ファイルのリストです。
↓全200回分を無料で聴くことができます。
「平家物語連続講義放送リスト」


posted by manabiyah at 08:47| 新平家物語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする