「平家物語」各場面の原文朗読・現代語訳・解説の音声ファイルを公開しています。
全て無料でダウンロード可能です。
オススメの使い方は→こちらをご参照ください。

2016年12月02日

「新・平家物語」第111回「火乃国の巻(土下座陣)」平重盛と源頼政が、比叡山の僧達による強訴に立ち向かう



↑吉川英治「新・平家物語」の朗読・解説の音声ファイルです。
再生ボタンをクリックして聴くことができます。(各回10分程度)
右端のDLボタンからダウンロードしてiPodなどに入れて、
繰り返し聴くこともできます。

・加賀白山の末寺である鵜川寺の新任の国司加賀守師高と近藤判官師経。
・鵜川寺の土着の僧と、喧嘩になり、殺傷沙汰になる。
・これを発端として両者の争いは拡大し、国司側が寺の僧坊を残らず焼き払う。
・白山の大衆は大挙して、国府の目代所に押し寄せる。
・師経は、都へと逃げ帰り、白山は比叡山に訴えて協力を仰ぐ。
・比叡山側は院に対して、師高と師経の流罪を要求するも却下され強訴に。
【語注】
広前(ひろまえ)= 神の御前
示威(しい)=威力や気勢を他に示すこと、デモンストレーション
裹頭(かとう)=頭を袈裟などで包み、目だけを出す装い
下命(かめい)=命令を下すこと
何条(なんじょう)=何という、何ほどの
碩学(せきがく)=修めた学問の広く深い人

「新・平家物語連続講義」これまでの放送分です→「新・平家物語連続講義放送リスト」

*この講座の朗読部分に使用する原文は、講談社発行の「吉川英治歴史時代文庫」に収録されているものを使用しています。



なお「新・平家物語」は電子書籍でも購入ができます。iPadやkindleを使っている方は、こちらもオススメ。

格安です。



これまで放送した古典「平家物語」の連続講義の音声ファイルのリストです。
↓全200回分を無料で聴くことができます。
「平家物語連続講義放送リスト」


posted by manabiyah at 08:33| 新平家物語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする