「平家物語」各場面の原文朗読・現代語訳・解説の音声ファイルを公開しています。
全て無料でダウンロード可能です。
オススメの使い方は→こちらをご参照ください。

2017年01月20日

「新・平家物語」第116回「火乃国の巻(百面相・ひゃくめんそう)」投獄された弁慶は牢の中の人々と打ち解けていく



↑吉川英治「新・平家物語」の朗読・解説の音声ファイルです。
再生ボタンをクリックして聴くことができます。(各回10分程度)
右端のDLボタンからダウンロードしてiPodなどに入れて、
繰り返し聴くこともできます。

・二十人あまりの男女がこの牢の中に収容されていた。
・身動きもせず、口もきかずに、無気力なままな彼らに話しかける弁慶。
・徐々に牢の中の人とうちとけあっていく弁慶。
・牢の中にいるのは、生きるために罪を重ねざるを得なかった者ばかりだった。
・その背景には、保元や平治の戦乱や、庶民をかえりみない平家の存在があった。

【語注】
哄笑(こうしょう)= どっと大声で笑うこと
咀嚼(そしゃく)=口の中で食べものを噛み砕き味わうこと
弓箭(きゅうせん)= 弓矢
揶揄(やゆ)=からかうこと
赫怒(かくど)=激しく怒ること
奴婢(ぬひ)=下男と下女
終日(ひねもす)=一日中


「新・平家物語連続講義」これまでの放送分です→「新・平家物語連続講義放送リスト」

*この講座の朗読部分に使用する原文は、講談社発行の「吉川英治歴史時代文庫」に収録されているものを使用しています。



なお「新・平家物語」は電子書籍でも購入ができます。iPadやkindleを使っている方は、こちらもオススメ。

格安です。



これまで放送した古典「平家物語」の連続講義の音声ファイルのリストです。
↓全200回分を無料で聴くことができます。
「平家物語連続講義放送リスト」


posted by manabiyah at 08:23| 新平家物語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする