「平家物語」各場面の原文朗読・現代語訳・解説の音声ファイルを公開しています。
全て無料でダウンロード可能です。
オススメの使い方は→こちらをご参照ください。

2017年02月03日

「新・平家物語」第118回「御産の巻(おん猿楽)」鹿ケ谷における打倒平家の密議が進んでいく



↑吉川英治「新・平家物語」の朗読・解説の音声ファイルです。
再生ボタンをクリックして聴くことができます。(各回10分程度)
右端のDLボタンからダウンロードしてiPodなどに入れて、
繰り返し聴くこともできます。

・法勝寺執行、俊寛僧都は、東山の如意ヶ岳の鹿ケ谷に山荘を持っていた。
・後白河院周辺の反平家勢力であった俊寛は山荘を密議場所として提供した。
・秘密がもれる心配のない場所として後白河法皇自らお忍びでくることもあった。
・この時、世間では、院側と比叡山側の衝突に目を奪われていた。
・院の勢力が兵を集めても比叡山を攻めるためのものとしてみるような情勢だった。

【語注】
夜陰(やいん)=夜の闇
糾合(きゅうごう)=ある目的のもとに人々を寄せ集め、まとめること
皮革(ひかく)= なまの皮となめした革。
日和見主義(ひよりみしゅぎ)= 自分に都合のよいほうへつこうと、形勢をうかがう態度をとること
軽躁(けいそう)=思慮が浅く軽はずみなこと
瓶子(へいじ)=酒をいれて、つぐのに用いる器

「新・平家物語連続講義」これまでの放送分です→「新・平家物語連続講義放送リスト」

*この講座の朗読部分に使用する原文は、講談社発行の「吉川英治歴史時代文庫」に収録されているものを使用しています。



なお「新・平家物語」は電子書籍でも購入ができます。iPadやkindleを使っている方は、こちらもオススメ。

格安です。



これまで放送した古典「平家物語」の連続講義の音声ファイルのリストです。
↓全200回分を無料で聴くことができます。
「平家物語連続講義放送リスト」


posted by manabiyah at 08:26| 新平家物語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする