「平家物語」各場面の原文朗読・現代語訳・解説の音声ファイルを公開しています。
全て無料でダウンロード可能です。
オススメの使い方は→こちらをご参照ください。

2017年05月12日

「新・平家物語」第130回「御産の巻(鮫女)(大宋水鳥図式)」義経は、弁慶の母である「さめ」と対面する



↑吉川英治「新・平家物語」の朗読・解説の音声ファイルです。
再生ボタンをクリックして聴くことができます。(各回10分程度)
右端のDLボタンからダウンロードしてiPodなどに入れて、
繰り返し聴くこともできます。

・義経は心慶に変わって、自らが弁慶の母に会いにいく。
・義経は行家のもとで下部奉公をしている弁慶の母に対面。
・弁慶の母はかつて、弁慶とその姉の二人の子持ちだった。
・夫に死なれた後、二度目の夫が極道者で二人の子は都の人買いの手に。
・自分も夫に捨てられて流浪の末にこの館で働いていた。
・ 義経は弁慶の友であった心慶と会うようにうながす。


【語注】
空漠(くうばく)=ぼんやりしていてつかみどころのないさま
苦患(くげん)=苦しみや悩み
文物(ぶんぶつ)= 文化に関するもの
舶載(はくさい)= 船に載せて外国から運んでくること
題簽(だいせん)= 書物の表紙につけられた題名・題字

「新・平家物語連続講義」これまでの放送分です→「新・平家物語連続講義放送リスト」

*この講座の朗読部分に使用する原文は、講談社発行の「吉川英治歴史時代文庫」に収録されているものを使用しています。



なお「新・平家物語」は電子書籍でも購入ができます。iPadやkindleを使っている方は、こちらもオススメ。

格安です。



これまで放送した古典「平家物語」の連続講義の音声ファイルのリストです。
↓全200回分を無料で聴くことができます。
「平家物語連続講義放送リスト」



posted by manabiyah at 08:00| 新平家物語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする