「平家物語」各場面の原文朗読・現代語訳・解説の音声ファイルを公開しています。
全て無料でダウンロード可能です。
オススメの使い方は→こちらをご参照ください。

2017年06月16日

「新・平家物語」第135回「御産の巻(蓮花の怪)(仮住居)」麻鳥は法勝寺の池に咲いた怪しい蓮を見る



↑吉川英治「新・平家物語」の朗読・解説の音声ファイルです。
再生ボタンをクリックして聴くことができます。(各回10分程度)
右端のDLボタンからダウンロードしてiPodなどに入れて、
繰り返し聴くこともできます。

・京の都では法勝寺の池に咲いた蓮の花が話題。
・その蓮はひと茎に、二つの花を持った世にも珍しいもの。
・三条西洞院の貧民窟でも、この蓮のことが話題。
・三条西洞院の貧民窟は、保元の乱のころまでは崇徳上皇が住んでいた場所。
・ここには、牛飼町を焼け出された、あの阿部麻鳥も住んでいた。
・ 麻鳥は貧民の中にまじり、医者として働いていた。

【語注】
芥(あくた)=ごみ
億劫(おっくう)=めんどうで気が進まないさま
物見遊山(ものみゆさん)= 見物して遊び歩くこと
翠巒(すいらん)= 緑色に連なる山々
辛苦(しんく)= つらく苦しい思いをすること
艱難(かんなん)=困難に出あって苦しみ悩むこと

「新・平家物語連続講義」これまでの放送分です→「新・平家物語連続講義放送リスト」

*この講座の朗読部分に使用する原文は、講談社発行の「吉川英治歴史時代文庫」に収録されているものを使用しています。



なお「新・平家物語」は電子書籍でも購入ができます。iPadやkindleを使っている方は、こちらもオススメ。

格安です。



これまで放送した古典「平家物語」の連続講義の音声ファイルのリストです。
↓全200回分を無料で聴くことができます。
「平家物語連続講義放送リスト」


posted by manabiyah at 07:47| Comment(0) | 新平家物語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: