「平家物語」各場面の原文朗読・現代語訳・解説の音声ファイルを公開しています。
全て無料でダウンロード可能です。
オススメの使い方は→こちらをご参照ください。

2017年06月23日

「新・平家物語」第136回「御産の巻(出た答え)(唖蟬)」義経らは怪しい蓮の花に細工をしている者の一人を捕える



↑吉川英治「新・平家物語」の朗読・解説の音声ファイルです。
再生ボタンをクリックして聴くことができます。(各回10分程度)
右端のDLボタンからダウンロードしてiPodなどに入れて、
繰り返し聴くこともできます。

・都には山下兵衛義経を名乗る者が現れて、放火や押し込み、辻斬りなどを働く。
・人々はそれを五年前に鞍馬を脱走した九郎義経であると誤解。
・平時忠も手を焼き、義経狩りの先頭に立つが治安はいっこうに良くならない。
・怪しい蓮を、義経は作り物であると踏み、誰の仕業か暴こうと動く。
・義経は鎌田正近とともに、夜の闇に隠れて、法勝寺の池の様子を伺う。

【語注】
誹謗(ひぼう)=他人を悪く言うこと
掠(かす)める=すれすれに通り過ぎる
傲岸(ごうがん)= おごり高ぶって、いばっていること
奉射(ぶしゃ)=弓の神事

「新・平家物語連続講義」これまでの放送分です→「新・平家物語連続講義放送リスト」

*この講座の朗読部分に使用する原文は、講談社発行の「吉川英治歴史時代文庫」に収録されているものを使用しています。



なお「新・平家物語」は電子書籍でも購入ができます。iPadやkindleを使っている方は、こちらもオススメ。

格安です。



これまで放送した古典「平家物語」の連続講義の音声ファイルのリストです。
↓全200回分を無料で聴くことができます。
「平家物語連続講義放送リスト」


posted by manabiyah at 09:23| 新平家物語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする