「平家物語」各場面の原文朗読・現代語訳・解説の音声ファイルを公開しています。
全て無料でダウンロード可能です。
オススメの使い方は→こちらをご参照ください。

2017年08月31日

宇治〜「平家物語」と「源氏物語」宇治十帖を巡る旅4(三室戸寺から源氏物語ミュージアム)

「宇治十帖古蹟」〈浮舟〉の碑は三室戸寺にある。

光仁、花山、白河天皇の三天皇の離宮になった事から「三室戸寺」という名になったとのこと。

白河天皇といえば、「平家物語」の中では清盛の父であるという説も述べられており縁がないわけでもない。

三室戸寺と〈浮舟〉の関係はこちらに詳しい。
http://www.mimurotoji.com/article.php?id=136

上記の記事によれば八の宮の師である阿闍梨の住む山寺はこの三室戸寺であるとされる。

徐々に三室戸寺に近づく。
IMG_4188.jpg

到着した。
IMG_4189.jpg


見事な石庭。
IMG_4190.jpg

これはよい景色。
IMG_4191.jpg


あじさいやツツジの季節がお勧めらしい。
IMG_4192.jpg

IMG_4210.jpg

石段を上った先にある本堂と鐘楼の間の位置に〈浮舟〉の碑がある。

IMG_4193.jpg

IMG_4194.jpg


IMG_4195.jpg


IMG_4196.jpg

IMG_4197.jpg


IMG_4203.jpg

こちらは三重塔。

IMG_4208.jpg

三室戸寺から今度は〈蜻蛉〉の碑を目指す。

途中セブンイレブンのある角から曲がって、浮舟亭というお好み焼き屋さんの前を通って歩いていく。
IMG_4211.jpg

この方向には「源氏物語ミュージアム」がある。

それよりも手前に〈蜻蛉〉の碑はあるはずだが、発見できぬままに「源氏物語ミュージアム」に辿り着いてしまった。

ちょうど施設の外にミュージアムの方がいたので〈蜻蛉〉の碑の場所を尋ねる。

とりあえず先に〈総角〉の碑を発見。ミュージアムのすぐ近くにあった。
IMG_4212.jpg

IMG_4213.jpg

この付近に八の宮邸があったと想定されていたことが由来のようだ。
(先述したように八の宮邸をもっと宇治神社寄りに想定する見方もある。)

さて再び〈蜻蛉〉の碑を探して、来た道を戻る。

しばらく探してやっと発見!
IMG_4214.jpg

「京都翔英高等学校の脇」と表現するのが適切だろう。
IMG_4218.jpg



「あさひ保育園」へと導く矢印がある道を入る。
IMG_4217.jpg

〈蜻蛉〉の碑の後ろに写っているのが翔英高校の校舎。
IMG_4215.jpg

こちらの線刻阿弥陀三尊石仏が「かげろう石」で作られていることが〈蜻蛉〉の由来のようだ。
IMG_4216.jpg

続いて「源氏物語ミュージアム」へ。
IMG_4219.jpg

ここの見所は源氏が様々な女性たちを周囲に住まわせた「六条院の完全再現ミニチュア」だと思う。

また、宇治十帖を主題とした映像「橋姫 女人たちの心の丈」の上映も楽しむことができる。こちらは大河ドラマ「義経」でもお馴染みの白石加代子さんが橋姫と語りを担当したドラマ。宇治十帖の映像作品って結構珍しいと思う。

白石加代子さんの演ずる橋姫の存在感がものすごくて大変に面白かった。ちなみにこちらの映像作品のDVDは併設されているミュージアムショップで販売している。1枚3,000円という価格だが、これは手元に持っておきたいので購入した。
IMG_4289.JPG

なお「浮舟」というタイトルの篠田正浩監督による人形による映像作品も合わせて上映されていたが、僕としてはこちらの方はあまり面白いと思わなかった。大変失礼な言い方だが演出のセンスが悪いな…という印象だった。(篠田監督の「心中天網島」は大好きで何度も繰り返して観ているんだけど。)



IMG_4220.jpg
喫茶室で茶そばと茶飯のセットを食べた。(続く)
posted by manabiyah at 03:00| 平家物語を巡る旅 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする