「平家物語」各場面の原文朗読・現代語訳・解説の音声ファイルを公開しています。
全て無料でダウンロード可能です。
オススメの使い方は→こちらをご参照ください。

2017年08月31日

宇治〜「平家物語」と「源氏物語」宇治十帖を巡る旅(その7・完)平重衡の墓

宇治駅からJR奈良線のみやこ路快速に乗り奈良方面へ移動し、奈良駅の手前の木津駅で下車。
IMG_9831.JPG

駅前の地図をチェックして「安福寺」を目指した。
IMG_9832.JPG

周囲は田や畑ばかりの道。
IMG_9833.JPG

こちらは御霊神社。
IMG_9834.JPG

このすぐ近くにあるのが「安福寺」だ。
IMG_9835.JPG

ここに平重衡の墓がある。

IMG_9836.JPG

IMG_9837.JPG

平重衡は奈良の東大寺や興福寺などを焼いてしまったことで知られる。

一の谷の合戦で源氏方に捕えられてしまった重衡だが、最後は奈良に引き渡されて木津川の河原で処刑される。

10分でわかる「平家物語」巻十一「重衡被斬」その2(奈良の仏教勢力に引き渡された重衡の処刑)
http://manabiyah.seesaa.net/article/392219440.html

この安福寺は「哀堂(あわんどう)」とも呼ばれ、本尊である阿弥陀仏は重衡が最後に狩衣の紐を使って縁を結んだ仏像であるとされる。

この後、木津駅からJR奈良線に乗って「玉水駅」で下車した。
IMG_9838.JPG

ここから以仁王を祀った「高倉神社」を目指そうと思ったのだが、うまく辿り着けず今回は断念。
IMG_9841.JPG

また機会を改めて訪れてみたい。

京都駅に移動し、17時55分の新幹線に乗る。
IMG_9844.JPG

鶏カツ弁当を買った。
IMG_9843.JPG

かなり歩いたのでカロリー補給。
IMG_9845.JPG

今回の旅で改めて思った。

「源氏物語」も「平家物語」も、どこかよその国のことではなく、現実に自分が生きている日本を舞台にした作品だ。

当時と所の様子は変わっていても、現地に赴いて地形や位置関係などを自分の身体で体感してみることはやはり大事だ。

「源氏物語」の中でも、特に宇治十帖については現地を訪れることが、作品の真の理解には極めて重要な体験になると実感した。

今回の旅はこれで終了。でも、またこの旅日記が更新される日がきっと来ることになるだろう。(完)
posted by manabiyah at 13:31| 平家物語を巡る旅 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする