「平家物語」各場面の原文朗読・現代語訳・解説の音声ファイルを公開しています。
全て無料でダウンロード可能です。
オススメの使い方は→こちらをご参照ください。

2017年09月08日

「新・平家物語」第144回「りんねの巻(高野川)(反っ歯)」山下兵衛義経が弁慶によって捕えられる



↑吉川英治「新・平家物語」の朗読・解説の音声ファイルです。
再生ボタンをクリックして聴くことができます。(各回10分程度)
右端のDLボタンからダウンロードしてiPodなどに入れて、
繰り返し聴くこともできます。

・義経は仲綱や頼政がこれまで忍んできたつらさを慮る。
・義経との対面を終えた仲綱は、京の梨ノ木まで帰る。
・行家は自分の子である行宗を呼んで、仲綱を送らせる。
・行宗は山下兵衛義経として義経の九郎の影武者となっている。
・行宗らの目の前に大薙刀をもった上背の高い大法師がたちふさがる。

【語注】
裹頭(かとう)=頭を袈裟などで包み、目だけを出す装い
鼠賊(そぞく)=小さな盗みをする泥棒
野僧(やそう)=僧侶が自分のことを謙遜していう語
所為(しょい)= 仕業、ふるまい
争闘(そうとう)= 争い闘うこと
然諾(ぜんだく)=引き受けること


「新・平家物語連続講義」これまでの放送分です→「新・平家物語連続講義放送リスト」

*この講座の朗読部分に使用する原文は、講談社発行の「吉川英治歴史時代文庫」に収録されているものを使用しています。



なお「新・平家物語」は電子書籍でも購入ができます。iPadやkindleを使っている方は、こちらもオススメ。

格安です。



これまで放送した古典「平家物語」の連続講義の音声ファイルのリストです。
↓全200回分を無料で聴くことができます。
「平家物語連続講義放送リスト」


posted by manabiyah at 09:22| 新平家物語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする