「平家物語」各場面の原文朗読・現代語訳・解説の音声ファイルを公開しています。
全て無料でダウンロード可能です。
オススメの使い方は→こちらをご参照ください。

2017年09月15日

「新・平家物語」第145回「りんねの巻(高札けずり)(二人義経)」捕えられた山下義経を救出するために源行家が行動に出る



↑吉川英治「新・平家物語」の朗読・解説の音声ファイルです。
再生ボタンをクリックして聴くことができます。(各回10分程度)
右端のDLボタンからダウンロードしてiPodなどに入れて、
繰り返し聴くこともできます。

・時忠は捕えられた山下義経を尋問した。
・山下義経は平家は佐渡で死んだ父の敵だと述べる。
・山下義経の言葉の端々に熊野なまりがあることを時忠は知る。
・さらに厳しく素性を問いつめる時忠。
・山下義経は何も言わずにいたがようやく言葉を発する。

【語注】
高札(こうさつ)=告示のため街辻や広場などに高く掲げた板
睨(ね)めつける=にらみつける
敵手(てきしゅ)=敵の支配下
刑吏(けいり)= 死刑の執行にあたる官吏
矢来(やらい)=竹や丸太を粗く組んで作った臨時の囲い
魚紋(ぎょもん)=魚が泳いだため水面にできる波紋


「新・平家物語連続講義」これまでの放送分です→「新・平家物語連続講義放送リスト」

*この講座の朗読部分に使用する原文は、講談社発行の「吉川英治歴史時代文庫」に収録されているものを使用しています。



なお「新・平家物語」は電子書籍でも購入ができます。iPadやkindleを使っている方は、こちらもオススメ。

格安です。



これまで放送した古典「平家物語」の連続講義の音声ファイルのリストです。
↓全200回分を無料で聴くことができます。
「平家物語連続講義放送リスト」


posted by manabiyah at 11:44| 新平家物語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする