「平家物語」各場面の原文朗読・現代語訳・解説の音声ファイルを公開しています。
全て無料でダウンロード可能です。
オススメの使い方は→こちらをご参照ください。

2017年09月22日

「新・平家物語」第146回「りんねの巻(八方やぶれ)」九郎義経は、息子の救出に失敗した行家に対して取るべき策を提案する



↑吉川英治「新・平家物語」の朗読・解説の音声ファイルです。
再生ボタンをクリックして聴くことができます。(各回10分程度)
右端のDLボタンからダウンロードしてiPodなどに入れて、
繰り返し聴くこともできます。

・行宗らの命を救うにはそれなりの代価を払う必要があると述べる義経。
・負け戦はその退き方が大事であるとも主張する。
・時忠の立場であったら捕えた堅田党の者を釈放し味方にするとも述べる。
・そうなれば比叡山の堂衆たちも長く平家と対峙はできなくなるとも指摘。
・その上で九郎は取るべき策について述べる。

【語注】
陥穽(かんせい)=落とし穴、人をおとしいれる計略
評議(ひょうぎ)=意見を出し合って相談すること
誓紙(せいし)= 誓いの言葉を記した紙、起請文
満悦(まんえつ)= 満足してよろこぶこと
一敗地(いっぱいち)=二度と立ち上がれないほど徹底的にうち負かされること
奇道(きどう)=奇抜な方法

「新・平家物語連続講義」これまでの放送分です→「新・平家物語連続講義放送リスト」

*この講座の朗読部分に使用する原文は、講談社発行の「吉川英治歴史時代文庫」に収録されているものを使用しています。



なお「新・平家物語」は電子書籍でも購入ができます。iPadやkindleを使っている方は、こちらもオススメ。

格安です。



これまで放送した古典「平家物語」の連続講義の音声ファイルのリストです。
↓全200回分を無料で聴くことができます。
「平家物語連続講義放送リスト」


posted by manabiyah at 08:08| 新平家物語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする