「平家物語」各場面の原文朗読・現代語訳・解説の音声ファイルを公開しています。
全て無料でダウンロード可能です。
オススメの使い方は→こちらをご参照ください。

2018年03月30日

「新・平家物語」第171回「断橋の巻(石橋山)」石橋山で頼朝は大庭三郎景親と対峙する


↑吉川英治「新・平家物語」の朗読・解説の音声ファイルです。
再生ボタンをクリックして聴くことができます。(各回10分程度)
右端のDLボタンからダウンロードしてiPodなどに入れて、
繰り返し聴くこともできます。

・頼朝は兵を山の上に呼び上げるように指示。
・夜が明けようとする頃になっても敵は姿を見せない。
・敵は伊東祐親の加勢を待っているのではと懸念する頼朝。
・戦に入る前に気疲れしてはいけないとひとまず朝食を摂る。
・佐々木兄弟は頼朝の命で早川口へと伝令に行っていた。

【語注】
埋伏(まいふく)=ひそみ隠れること
帷幕(いばく)=幕で覆った陣営
無頼(ぶらい)=無法な行いをする者
馬蹄(ばてい)=馬のひづめ
寛度(かんど)=寛仁大度のこと、寛大で度量が大きい

「新・平家物語連続講義」これまでの放送分です→「新・平家物語連続講義放送リスト」

*この講座の朗読部分に使用する原文は、講談社発行の「吉川英治歴史時代文庫」に収録されているものを使用しています。



なお「新・平家物語」は電子書籍でも購入ができます。iPadやkindleを使っている方は、こちらもオススメ。


格安です。



これまで放送した古典「平家物語」の連続講義の音声ファイルのリストです。
↓全200回分を無料で聴くことができます。
「平家物語連続講義放送リスト」


posted by manabiyah at 08:00| 新平家物語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする