「平家物語」各場面の原文朗読・現代語訳・解説の音声ファイルを公開しています。
全て無料でダウンロード可能です。
オススメの使い方は→こちらをご参照ください。

2018年09月28日

「新・平家物語」第195回「かまくら殿の巻(龍虎相泣く)」清盛が福原からの都がえりを決意


↑吉川英治「新・平家物語」の朗読・解説の音声ファイルです。再生ボタンをクリックして聴くことができます。(各回10分程度)
右端のDLボタンからダウンロードしてiPodなどに入れて、
繰り返し聴くこともできます。

・福原で指折りの別荘である夢野の亭の主は朱鼻の伴卜。
・朱鼻と対面していた人物はあの金売り吉次。
・吉次の逗留中、朱鼻は清盛のいる雪ノ御所へ伺候しだす。
・吉次と会って後の朱鼻は全面戦争の方向に清盛をけしかける。
・周囲から還都を勧められていた清盛は朱鼻のもとに使者を送る。

【語注】
相好(そうごう)=顔つき、表情
何条(なんじょう)=どうして
後図(こうと)=将来のための計画
深更(しんこう)=夜更け
龍体(りゅうたい)=尊い天皇や上皇の身

「新・平家物語連続講義」これまでの放送分です→「新・平家物語連続講義放送リスト」

*この講座の朗読部分に使用する原文は、講談社発行の「吉川英治歴史時代文庫」に収録されているものを使用しています。




なお「新・平家物語」は電子書籍でも購入ができます。iPadやkindleを使っている方は、こちらもオススメ。


格安です。



これまで放送した古典「平家物語」の連続講義の音声ファイルのリストです。
↓全200回分を無料で聴くことができます。
「平家物語連続講義放送リスト」


posted by manabiyah at 08:00| 新平家物語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする