「平家物語」各場面の原文朗読・現代語訳・解説の音声ファイルを公開しています。
全て無料でダウンロード可能です。
オススメの使い方は→こちらをご参照ください。

2018年10月12日

「新・平家物語」第197回「かまくら殿の巻(髷切り事件)」興福寺の僧兵が、藤原基房の使者の供である雑色のまげを切ってしまう


↑吉川英治「新・平家物語」の朗読・解説の音声ファイルです。
再生ボタンをクリックして聴くことができます。(各回10分程度)
右端のDLボタンからダウンロードしてiPodなどに入れて、
繰り返し聴くこともできます。

・還都の後、五条・四条・三条、朱雀大路の道がきれいにされる。
・浮浪の者は洛外に追いやれてひとりも見えなくなる。
・都心を追われた浮浪や飢民は農家の貯穀を食い荒らす。
・洛外の農民は平家を恨み、それを焚き付ける乞食法師もいた。
・これらは清盛の余りに思い切った非常政治の結果だった。

【語注】
余憤(よふん)=おさまらず残る怒り
仮借(かしゃく)=見逃すこと
掃討(そうとう)=完全に除き去ること
揚言(ようげん)=声を大にして言うこと
深更(しんこう)=夜更け
奏聞(そうもん)=天子に申し上げること
叡旨(えいし)=天子のことば

「新・平家物語連続講義」これまでの放送分です→「新・平家物語連続講義放送リスト」



*この講座の朗読部分に使用する原文は、講談社発行の「吉川英治歴史時代文庫」に収録されているものを使用しています。


なお「新・平家物語」は電子書籍でも購入ができます。iPadやkindleを使っている方は、こちらもオススメ。


格安です。



これまで放送した古典「平家物語」の連続講義の音声ファイルのリストです。
↓全200回分を無料で聴くことができます。
「平家物語連続講義放送リスト」





posted by manabiyah at 08:53| 新平家物語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする