「平家物語」各場面の原文朗読・現代語訳・解説の音声ファイルを公開しています。
全て無料でダウンロード可能です。
オススメの使い方は→こちらをご参照ください。

2020年01月03日

「新・平家物語」第258回「一門都落ちの巻(肉縄)」病を背負いながらも葵は命がけで義仲に迫る


↑吉川英治「新・平家物語」の朗読・解説の音声ファイルです。
再生ボタンをクリックして聴くことができます。(各回10分程度)
右端のDLボタンからダウンロードしてiPodなどに入れて、
繰り返し聴くこともできます。

・後白河法皇は蓮華王院に滞在していた。
・頭弁兼光は院議の席と蓮華王院の間を幾たびも通う。
・義仲への恩賞について、後白河法皇の意見は意外なものだった。
・勲功の第一位は頼朝、第二が義仲、第三が行家という法皇。
・結果的に今回は義仲、行家のみの勧賞にとめおかれることとなる。

【語注】
追従(ついしょう)=おべっかをつかうこと
碩学(せきがく)=学問が広く深いこと
勧賞(けんじょう)=功労を賞して官位や物品・土地などを授けること

「新・平家物語連続講義」これまでの放送分です→「新・平家物語連続講義放送リスト」

*この講座の朗読部分に使用する原文は、講談社発行の「吉川英治歴史時代文庫」に収録されているものを使用しています。



なお「新・平家物語」は電子書籍でも購入ができます。iPadやkindleを使っている方は、こちらもオススメ。


格安です。



これまで放送した古典「平家物語」の連続講義の音声ファイルのリストです。
↓全200回分を無料で聴くことができます。
「平家物語連続講義放送リスト」

      

posted by manabiyah at 00:06| 新平家物語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする