「平家物語」各場面の原文朗読・現代語訳・解説の音声ファイルを公開しています。
全て無料でダウンロード可能です。
オススメの使い方は→こちらをご参照ください。

2020年03月27日

「新・平家物語」第270回「一門都落ちの巻(嬲られ孤児)」静賢法印の説得によって義仲は院参して身に叛意がないことを明かし立てようと決意


↑吉川英治「新・平家物語」の朗読・解説の音声ファイルです。
再生ボタンをクリックして聴くことができます。(各回10分程度)
右端のDLボタンからダウンロードしてiPodなどに入れて、
繰り返し聴くこともできます。

・山吹は巴の部屋の外に立ち義仲が呼んでいる旨を言う。
・「立ったままものを言うのは無礼であろう」と言う巴。
・「化粧をしながら人の言葉を聞くとは無礼だ」と返す山吹。
・「義仲の夜ごとの大酒、放埒ぶりは見ていられない」と言う巴。

【語注】
伽女(とぎおんな)=寝所での相手をする女
無体(むたい)=無理なこと、無法なこと
僭上(せんじょう)=出過ぎた振る舞い
昵懇(じっこん)=親しく打ち解けて付き合うこと
癇癖(かんぺき)=怒りっぽい性質
叛意(はんい)=背こうとする意志


「新・平家物語連続講義」これまでの放送分です→「新・平家物語連続講義放送リスト」

*この講座の朗読部分に使用する原文は、講談社発行の「吉川英治歴史時代文庫」に収録されているものを使用しています。



なお「新・平家物語」は電子書籍でも購入ができます。iPadやkindleを使っている方は、こちらもオススメ。


格安です。



これまで放送した古典「平家物語」の連続講義の音声ファイルのリストです。
↓全200回分を無料で聴くことができます。
「平家物語連続講義放送リスト」

   

ラベル:源義仲 静賢 山吹
posted by manabiyah at 08:00| 新平家物語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする